米中貿易戦争の解決、「大統領選後」の可能性も トランプ氏が示唆

AFPBB News / 2019年12月3日 21時13分

英首都ロンドンにある米国大使公邸「ウィンフィールド・ハウス」で、北大西洋条約機構(NATO)のイエンス・ストルテンベルグ事務局長(写真外)との会談に臨むドナルド・トランプ大統領(2019年12月3日撮影)。(c)AFP/Nicholas Kamm

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は3日、中国との貿易問題について、その解決に向けた取り組みは来年11月の大統領選後まで持ち越し得ると発言した。


 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するため、開催地である英首都ロンドンを訪問中のトランプ氏は報道陣を前に「私は期限を設けていない」「いろいろな意味で、中国との貿易の件は大統領選の後まで待つという考えも、私は良いと思う」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング