1000万円も夢じゃない!?お金が貯まる朝の習慣

オールアバウト / 2019年7月22日 8時10分

写真

夜が早く明ける夏は、涼しい朝の時間を有効活用しない手はありません。なりたいモノ、目指すコトがある場合、真似から入ることが王道ともいわれています。しかしながら、真似をしたところで、何も変わらないという人も……。

夜が早く明ける夏は、涼しい朝の時間を有効活用しない手はありません。そこで今回は、ぜひ真似したい、お金持ちが実践している「お金が貯まる朝の習慣」をご紹介したいと思います。

ヨガやランニングなどで体を動かす

お金持ちといわれている人の朝は早く、朝というより早朝から自分のために時間を使っています。

例えば、健康維持やリフレッシュするために、多くのセレブやお金持ちが実践しているのが、ランニングやヨガなどのスポーツです。これらのスポーツに限らず、身体を動かすことで今の自分の体調を知る、外に出てその日の雰囲気、ツキがあるのかないのかを感覚的に掴んでいる人は、多いようです。

また、スポーツに打ち込むことでフローな状態、いわゆる無の状態になることで、癒し効果も得られます。そのため朝、身体を動かすことは、心身の健康維持に大いに役立つのです。

朝から神社へ行く!?

開運のために神社へ定期的に通う、御朱印を集めているという人も多いのではないでしょうか。実はいわゆるお金持ちといわれているセレブの多くが、早朝から神社へ出かけて、自分の気持を整理する、願掛けをする、感謝の気持ちを伝えるといったことをしています。

私も神社へ参拝に行くときには、できるだけ朝早く出かけるのですが、有名な企業の代表の方やその道で成功されている方等をお見かけすることがあります。他の場所で出会ったら、「握手してほしい~」と思うような方もいらっしゃるのですが、みなさん自分と向き合いながら、その空間に身を置いています(だから静かにしているのですが)。

私の知り合いの会社経営者の方は、出勤前に必ず近所の神社で参拝しています。理由を尋ねたところ、自分は勿論のこと、家族や社員のために参拝しているのだそう。この方は会社を経営する以前から神社へ参拝に訪れていたようで、ある日突然アイディアが湧いてきて、会社を起業したそうです。今や年商数億円の社長さんになっています。

こういったことから、朝のウォーキングやランニングの途中で、神社に立ち寄ってみるというのもよいかもしれませんね。

朝の家事と一緒に、晩ご飯の準備もする

今までの習慣を読んで、主婦やワーキングママには「スポーツとか参拝とか、そんな時間はないわ」と思っている人もいるのではないでしょうか。実は、朝忙しい主婦・ママだからこそ、おすすめの習慣もあるのです。それは「家事」です。

いつもより1時間、いや30分でもよいので早く起きてみてください。朝の準備にゆとりが出てくるのではありませんか? でも、ここでゆっくりしてはダメ! ゆとり時間を晩ご飯の準備、下ごしらえの時間にあててみてはいかがでしょうか?

特に働くママにとって、晩ご飯の準備は時間との闘いです。疲れた、作るのが面倒、食材がないからなどの理由で、お惣菜を買ってしまう人も多いのですが、あらかじめ準備しておき、焼くだけ、温めるだけという状態にしておけば、帰宅後の晩ご飯の準備が楽になるだけでなく、無駄遣いの抑止力にもつながり一石二鳥です。

朝、特に早朝は、余計な用が入りにくいので、その分時間を家事にあてることができます。ちょっとした工夫で、いろいろなアイディアが生まれてくるかと思います。

お惣菜を買わずに毎日1000円、節約できたら1カ月20日として2万円。年間で24万円の節約に。外食の多い家庭であれば、その効果はさらなるものになります。

また、自分や夫のお弁当、会社に持っていく飲み物なども準備すれば、1年で50万円近く節約することも可能です。1年で50万円なら単純計算で、20年で1000万円貯まる計算です。これは、ちょっとした朝の習慣を見直すだけの効果です。ぜひ、スタートしてみてください。
(文:飯田 道子(マネーガイド))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング