又吉直樹と観月ありさが本人役! 『火花』舞台化の苦労明かす

ananweb / 2018年3月31日 16時0分


■ 又吉直樹が『火花』を書いた理由を、観月ありさが問う!


――小説『火花』をなぞるだけではない構成ですね。



観月:
そうなんです。私は、小説の世界と舞台独自の世界の両方を行き来する、ストーリーテラー的な役回り。ふたつの世界が複雑ではあるんですが、上手く絡み合っているので、脚本は読みやすかったです。


又吉:
作中で僕は、観月さんからどうしてこの作品を書いたのかを問われます。正直、小説のテーマって聞かれても答えるのが難しいんです。「ないです」と言ってしまうこともあるくらい、「なんでやろ」という部分は客観的に直視しにくい。この舞台に出ることでそれに迫れるなら、自分が原作の作品に出るのは照れくさいですけど、面白そやなと。


――おふたりとも本人役ですね。



観月:
役名は自分だけど、演じる以上、自分ではない。難しいですね。手探り状態です。


又吉:
素を出すのとも違うし。


観月:
どうしたら観た人は、私っぽいと思ってくれるんだろう?


又吉:
役を演じている時とも、素でバラエティとかに出ている時とも違いますしね。どこを切り取れば、本人としての説得力が出るのか。ベロベロに酔っぱらって演じるとか?


観月:
確かに、毎日のように飲んでるしね(笑)。


又吉:
僕は、猫背にしようかな。


観月:
まったん(又吉さん)ぽい!


又吉:
自覚はないんですけど、テレビで見ると「もっと背筋伸ばせよ」って思うんですよ。


――そもそも、観月さんは原作をいつ読みましたか?



観月:
当時、『キャサリン三世』という番組で共演してて、書き終わってすぐに贈ってくれたんです。


又吉:
小説書いてることも、あり姉(観月さん)には話してて。


観月:
お仕事では芸人さんとして接していたので小説家のイメージが湧かなかったけど、読んだら描写がとても素敵でびっくりしちゃって。まったんは小説を書く前も、執筆中も、受賞後も、変わらずこのまんま。ほっとします。番組が終わっても「また仕事できたらいいね」とお互い言っていたんですけど、社交辞令ではなく、こうして実現させてくれて嬉しかった!


又吉:
“女優・観月ありさ”は、佇まいそのものが特別な方。お芝居の大先輩ですし、頑張らないと。『キャサリン三世』での僕の芝居、まあひどかったですからね。ただ、あの「もう少し、なんとかならへんか」という頃から、その後お芝居で成長できる機会はなかったので、怒られへんように気合でやるしかないです。


観月:
お芝居となったら、急に人格が変わって怒ったりして? ない、ない(笑)。楽しくやっていこうね。



小説『火花』の物語を織り交ぜながら、“観月ありさ”が“又吉直樹”に、小説を書いた理由を問う。脚本・演出は小松純也。原作世界の芸人役に、石田明(NON STYLE)と植田圭輔。東京公演/3月30日(金)~4月15日(日) 紀伊國屋ホール 大阪公演/5月9日(水)~5月12日(土) 松下IMPホール 全席指定一般8000円(税込み)ほか チケットよしもと予約問合せダイヤルTEL:0570・550・100

みづき・ありさ 1976年12月5日生まれ、東京都出身。4歳からモデルとして活躍し、‘91年、女優デビュー。同年、シングル『伝説の少女』をリリース。代表作『ナースのお仕事』を含む26年連続連ドラ主演記録を持つ。

ブラウス、パンツ(共にPINKO/PINKO JAPAN TEL:03・3557・9861) ピアス、リング(共にアガタ パリ/アガタ ジャポンTEL:03・6456・4080)

またよし・なおき 1980年6月2日生まれ、大阪府出身。高校卒業後、NSCに入学。‘03年、綾部祐二とピースを結成。‘15年、純文学デビュー作『火花』が第153回芥川賞を受賞する。‘17年、2作目『劇場』を発表。

※『anan』2018年4月4日号より。写真・内山めぐみ インタビュー、文・小泉咲子

(by anan編集部)


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング