あなたは大丈夫?お金が貯まらない「ボンビー女子」の特徴4つ

ananweb / 2018年6月20日 20時15分

世の中には様々な女性がいます。成功してリッチな生活を送っている女性から、いつもお金に困っているボンビー女子まで実に様々です。会社社長という職業柄、私は日々様々なタイプの女性にお会いしているのですが、お金に困っている女性にはいくつか共通点がある気がします。そこで今回は“ボンビー女子の特徴”をご紹介します。
文・山田良政

■ 1.男にお金をかける


お金に困っている女性には、とても優しくて気立てのいい人が多いような気がします。特に男に尽くすタイプが多いですね。

しかし、“優しさ”と“甘さ”をはき違えている人が多いのも事実で、男から「お金に困ってる」と聞くと、自分の生活を切り詰めてでもお金を出すような、優先順位をつけられない女性は最終的にボンビーになりがち。

お金に困っている男は、女性のことを“都合の良い財布”と見なしており、お金の問題が解決すると違う女性に逃げていくことがほとんど。その“甘さ”があなたの身を滅ぼしかねません。注意しましょう。

■ 2.自分への関心が薄い

お金持ちの女性の多くは、自分自身を常に美しい状態に保っています。

しかし、これはメイクやファッションにお金をかけているわけではなく、自分を大切にしていることの現れです。自分を大切にできる人は、他人やお金、モノを大切にすることができる人でもあり、愛やお金が自然と集まってきます。

一方ボンビー女子は、自分への関心が薄い人が多く、清潔感に欠けた身だしなみをしている人が多いように感じます。

しっかりと自分を大切にしましょう。安くても品の良いものを身につけ、身だしなみを整えておけば、自然と生活は上向くはずです。

■ 3.口を開けばお金の話ばかり

これは意外かもしれませんが、お金持ちの女性はお金の話をほとんどしません。逆にボンビー女子は、すぐにお金の話をするところがあります。

あくまで例ですが、彼から買ってもらったモノの値段について話したり、高価なものを買おうとしている人に対して「高いよね」と口出ししたりする人は、ボンビー女子の可能性が高いかも。この癖を直さないと、なかなかお金は集まってきません。

魅力的な女性であるために、お金の話は自分の中だけに留めておきましょう。

■ 4.ボロボロのブランド物を持っている

女性にとって、高級ブランドのカバンや財布は憧れのアイテムですよね。

ボンビー女子に多いのですが、ぼろぼろになったブランド物や、ヨレヨレになった中古品をずっと使い続けるのは良くありません。古いアイテムに執着していると入れ替わりの循環が滞り、新しいものは何も手に入らなくなります。

あまりブランド物にこだわらずとも、自分の身の丈にあった新しいものを持つのが、お金に愛される秘訣です。

もしもあなたが上記の特徴にひとつでも当てはまるようなら、今すぐ改善してみてください。いろいろなことが上手くいくはずです。

(C) Panumas Yanuthai / Shutterstock
(C) Zoom Team / Shutterstock
(C) UNIKYLUCKK / Shutterstock
(C) Chuleeporn / Shutterstock

ananweb

トピックスRSS

ランキング