夏のスタミナ料理レシピ…! 彼が元気になる「簡単焼き鳥丼」

ananweb / 2018年7月11日 19時0分

夏のスタミナ料理レシピ…! 彼が元気になる「簡単焼き鳥丼」

連載第83回目は、男の人ならみんな大好き丼メニュー♪ こってり甘辛だれがくせになる焼き鳥丼です。鶏肉さえあれば、フライパンひとつでできちゃうお手軽さが魅力です。お好みで山椒または一味唐辛子を加えておいしさUP間違いなし♪
■ 『焼き鳥丼』


【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol. 83

■ 旬食材は、万願寺唐辛子!

万願寺唐辛子の旬は初夏から夏にかけてです。唐辛子といっても辛みはほとんどなく、甘く特有の風味があります。京野菜としても知られていて、しし唐のようなきれいな濃緑色をしています。果肉はやわらかくて肉厚で炒め物や揚げ物、煮物などいろいろな料理に利用できます。

最近ではスーパーでもよく見かけるようになった万願寺唐辛子ですが、ビタミンAやビタミンCといったビタミン類が豊富に含まれています。紫外線の強いこれからの季節、美肌対策としておすすめのお野菜です♪

■ 材料はこちら!

【材料(二人分)】

・ご飯        :お茶碗多め2杯分
・鶏もも肉      :1枚
・万願寺唐辛子    :2本
・長ネギ       :1/2本
・卵         :2個
・油         :適量

(卵用調味料)
・きび砂糖      :小さじ1/2
・みりん       :小さじ1
・酒         :小さじ1
・塩         :ひとつまみ

(焼き鳥たれ調味料)
・しょうゆ      :大さじ2
・酒         :大さじ1
・みりん       :大さじ1
・きび砂糖      :大さじ1

(仕上げ用)
・粉山椒       :適量
・一味唐辛子     :適量

■ まず、下準備を始めます。~その1:鶏もも肉をひと口大に切りわけます。

まずは余分な脂を切り落とす。

包丁で切り込みを入れ鶏肉の厚みを均等にし、一口大に切りわける。

■ まず、下準備を始めます。~その2:長ネギに切り込みを入れる。

長ネギを4等分にして、味が染みやすくなるように横に切り込みを入れる。

■ まず、下準備を始めます。~その3:万願寺唐辛子を切ります。

万願寺唐辛子はへたを切り落とし、斜め半分に切り分ける。

■ では、作ります! まずは炒り卵を作ります。

鍋に卵を割り入れ、調味料を加えます。

■ よく混ぜたら弱火にかけます。

調味料を加えよく混ぜ合わせたら弱火にかけます

■ 菜箸を4本使い混ぜながら炒り卵を作ります。

菜箸4本で、絶えず混ぜながら炒り卵を作ります。

■ 長ネギと万願寺唐辛子に焼きます。

フライパンに油を入れ熱します。
長ネギと万願寺唐辛子を入れ焼きます。

■ こんがりと焼き色がついたら取り出します。

こんがりと焼き色がついたら、いったん取り出します。

■ 鶏肉を焼きます。

フライパンに油を入れ火にかけます。
鶏肉を皮目から入れます。

■ 強火~中火で焼きます。

強めの火加減で皮目から焼き色を付けます。

■ こんがりと焼き色がついたら裏返します。

こんがりと焼き色がついたら裏返し、もう片面も焼きます。

■ 焼き鳥だれの調味料を加えます。

8割がた火が通ったらいったん火を消し、焼き鳥だれの調味料を加えます。
再び中火にかけ、煮立ったらたれと絡め合わせます。

■ 長ネギと万願寺唐辛子も戻し入れます。

長ネギと万願寺唐辛子も戻し入れ、鶏肉同様にたれと絡めます。

■ 丼にご飯を盛ります。

丼に温かいご飯を盛ります。

■ 鶏肉と野菜、卵を盛り付けます。

鶏肉と長ネギ、万願寺唐辛子、卵を盛り付けます。

■ 仕上げに焼き鳥だれを回しかけます。

仕上げに焼き鳥だれをお好みで回しかけます。
粉山椒と一味唐辛子を添えます。

■ おいしさのアレンジポイント♪

今回は炒り卵を添えましたが市販の温泉卵を添えても手軽にできておいしいですよ♪

万願寺唐辛子の代わりにしし唐でもOKです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング