明太子なのに“アヒージョ”? 使い方いろいろで楽しい一品

ananweb / 2019年3月20日 19時30分

明太子なのに“アヒージョ”? 使い方いろいろで楽しい一品

ギフトコンシェルジュ・真野知子さんの「おいしいギフト」。今回ご紹介するのは、『蔵出しめんたい本舗』のめんたいアヒージョです。


明太子好きな私が思わず手に取った、「めんたいアヒージョ」。明太子なのに“アヒージョ”? ご飯のお供に食べる和食のイメージしかなかったので、響きが新鮮。アヒージョとはスペイン料理の一種で、オリーブオイルとニンニクで魚介や野菜を煮込む小皿料理。それに着目して明太子をアレンジしたのがこちら。瓶の中には一口サイズにカットされた明太子がゴロゴロと。マイルドな味わいのプレーンはスペイン産のピュアオリーブオイルにニンニクのスライス、ローリエやローズマリーなどのハーブと凝縮された旨味が溶け込んでいる。

まずはそのままおつまみとして味わったら、アツアツに熱したオイルをバゲットに染み込ませ、明太子をのせてみる。口に運ぶとプチプチとした明太子の粒の食感もしっかりあって、ニンニクの効いた奥ゆきのある味わいがいつまでも余韻を残して。サラダにドレッシングのようにかけてもよいし、茹でたパスタにオイルも中身もそのまま和えれば手間いらずのパスタソースとしても活躍してくれそう。一方のレッドペッパーは唐辛子のピリッとした辛みがアクセント。こちらは野菜と一緒に炒めると、簡単にエスニック風にできあがる。 いずれも常温で持ち運べるので、お花見シーズンのパーティに。

めんたいアヒージョ(左から、レッドペッパー、プレーン)110g各¥1,200。

蔵出しめんたい本舗 佐賀県鳥栖市藤木町若桜4-9 TEL:0120・877・333 9:00~18:00  年末年始休 

まの・ともこ ギフトコンシェルジュ。手土産など日常的なギフトからハレの日まで多彩なシーンに合わせたギフトをセレクト。

※『anan』2019年3月27日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 文・真野知子

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング