いずれ別れる…男が語る「長続きしない夫婦」の特徴4つ

ananweb / 2019年4月11日 20時45分

いずれ別れる…男が語る「長続きしない夫婦」の特徴4つ

結婚して幸せな二人を見ても、いまいち祝福できない……ということはないでしょうか。関係性に不安を覚えるような夫婦。本人たちが気付いていないだけで、周囲の冷静な人たちは危険な香りを察知している場合も多々あります。今回は、“離婚すると思う夫婦”について男性の意見を聞いてみました。
文・塚田牧夫

■ 交際期間が極端に短い


「同じ年の女友だちが婚活を始め、マッチングアプリに登録。すると、すぐに相手が見付かったんです。そしてとんとん拍子に結婚の話に。そんなに焦ってるのかな……という感じでした。

結婚した二ヶ月後。その子から連絡が来て、旦那が仕事の続かないタイプで大変だと。すでに離婚の話も出ていると……。思った通りの展開でした」ケン(仮名)/35歳

相手の状況を把握するために、交際期間はある程度あったほうがいいでしょう。長いほど、得られる安心感も大きいはず。それを省いて話を先に進めようという姿勢は、周りを不安にします。

■ 周りに紹介しない

「学生時代からの友だちが結婚したんです。でも、式は挙げず。パーティーなんかもなかったので、奥さんと顔を会わせる機会がありませんでした。

あるとき、その友だちの家に何人かで遊びに行くことに。やっと挨拶できると思ったら、“実家に帰っている”ということで留守。

そして一年ほど経ったとき、“離婚するかもしれない”と聞かされました。結局一度も会えずに終わりましたね……」ヤスオ(仮名)/33歳

一切紹介しないということは、心のどこかで“ずっと一緒にいる相手ではない”と思っているのかもしれません。そう思う人もいるはずです。

■ 夫が若い

「女友だちが、急に“結婚するかも”言い出し、相手を紹介してもらったんです。なんと相手は十歳下。大学を出たばかりの、なかなかの好青年でした。まだまだモテるだろうに、結婚していいのかな……と思いました。

案の定、その一年後。ご主人の浮気が発覚。友だちは取り乱していたけど、こっちとしては予想通り。ご主人を責める気にはなれなかったです」マサト(仮名)/35歳

男性は女性に比べて精神年齢が低い。二十代は、まだ子どもと言ってもいいぐらいです。それぐらいの年の差で結婚するのなら、浮気のひとつやふとつ覚悟しないと……というのが、この男性の意見のようです。

■ ケンカをしない

「友だちカップルと話をしたとき、まったくケンカをしないというので驚きました。逆にうちはケンカばかり。でも、すぐに仲直りするし、ストレスも溜めないから、悪いこととは思っていませんでした。

その友だちカップルが結婚して、子どもが生まれたんですね。そうしたら、一気にケンカが増えたらしい。終始険悪な雰囲気で、もう耐えられないと。やっぱりな……という感じでした」マサ(仮名)/30歳

ケンカをしたことがないという場合、仲直りの仕方なども分からない。まるでしない、というカップルは意外と危険なのかも……?

“男が離婚すると思う夫婦の特徴”をご紹介しました。

周りの意見は関係ないと思っていても、意外と的を射ている場合もあります。なので、耳を貸したほうがいいことも。周りも素直に祝福できるような、結婚をしたいものですね。

© Kamil Macniak / shutterstock
© VGstockstudio / shutterstock
© oneinchpunch / shutterstock
© oneinchpunch / shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング