来世は一緒に…!? 不倫女の「自己陶酔LINE」3選

ananweb / 2019年7月18日 21時15分

来世は一緒に…!? 不倫女の「自己陶酔LINE」3選

不倫を終えた女友だちの中には「美談にしすぎ!」と言いたくなるようなLINEを送る人もいるようです。複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな女性の自己陶酔LINEを3つご紹介します。
文・並木まき

■ 1:「一生、愛し合えるから」


「2年弱の不倫を終えたという女友だちと、深夜にLINEをしていたときのこと。

だんだんドラマの主人公みたいな言葉が増えてきたな~とは思っていたのですが、

私が『でもさ、別れてよかったよ。不倫は不倫でしかないし』って送ったら、その子からは『うん。私もそう思う。だって、このほうが一生愛し合っていけるもんね』と返ってきました。

どうやら、お互いが愛しているときに別れれば、“一生、いいところだけを思い出にできるから”という理屈だそうです。

不倫を美談にしているような気がしてなりません……」(32歳女性/通信)

気持ちが盛り上がっているときに別れると、自分の中でその関係を美談にしたくなっちゃうのですね。

■ 2:「私さえ我慢すれば彼が幸せになれる」

「不倫相手の彼と別れたという友だちから、LINEで相談を受けています。

彼女としては、まだその男を思っているけど、先がないから別れを告げたようです。でも、毎回同じような話をするので、最近はちょっとウンザリしています。

最近は『私さえ我慢すれば、彼は幸せになれるよね?』と何度もLINEしてくるのですが、関係が関係だけに全肯定もできず『そうだといいね』程度の返事しかできなくて……。

しかも“自分さえ我慢すれば”って、そもそも相手に奥さんがいるのに付き合っていたわけですよね。

奥さんに隠れて散々楽しんだはずなのに、都合が良すぎるな……と思います」(34歳女性/アパレル)

愛する男を諦める自分に陶酔してしまい、美談にしてしまう女性もいるようですね。傍から見ると、この上なく痛々しいですね。

■ 3:「来世で一緒になる」

「不倫相手のことを本気で愛していた友人が、その彼と別れた後にしつこくLINEをしてくるので困っています。

どうやら、別れ際に『来世では一緒になろう』と約束したらしく、『来世では、彼を見つけられるのかな』『この世での因縁って、どのくらい強いのかな』と、答えようがない質問をしてくるので、正直疲れます。

その他にも『彼は、泣きながら愛してるって言ってくれた』『私を最高の女だって言ってくれた』などとも言っているので、多分自分に酔っているんですね。

しょせん不倫は不倫なのに……。美談にしすぎだと思います」(29歳女性/ネイリスト)

ふたりの関係をメロドラマのように捉えてしまう不倫女性もいるようです。不倫男が口にしたセリフを、何度もLINEで報告されても、困惑してしまいますよね。

不倫を終えたばかりの女性には、自分に酔っているようなLINEを友人に送る人もいるようです。

こんな行動をとらないためにも、不倫はしないに越したことはありませんね。

© Antonio Guillem /shutterstock
© fizkes /shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング