大人の色気を感じる“カラーメイク” おすすめの3色は?

ananweb / 2020年3月26日 19時0分

大人の色気を感じる“カラーメイク” おすすめの3色は?

休みの日に取り入れたくなるメイクで色気のスパイスをさらっと追加してみて。
■ 「カラーの力」でまなざしが変わる。

生き残るために五感を備えた人間。なかでも視覚はとくに発達していて、生死に関わる情報は色で判断してきた。

「生死に大きく関わり血液の色である赤は、私たち人間にとっては特別な色。原初は“赤かそれ以外か”そして“明るいか暗いか”が重要なことでした。次第に文化や社会が生まれると、暖色や寒色(たとえば蛇口の色なら、お湯は赤で水は青)という具合に色は記号化されるように。個人的な体験で左右されることもありますが、世界中の情報やトレンドがリアルタイムで溢れている時代ですので、国や文化が違っても、ほとんど無意識に色に対して同じ印象を共有しているといえます」(心理カウンセラー・山脇惠子さん)

現代では、流行色をファッションやメイクに取り入れることは、おしゃれの条件。色のイメージの共有をうまく利用すれば、カラーメイクで大人の女性の色気を出すこともできるはず。

「もちろん相手の受け取り方によって、コンサバ思考な人は派手な色のアイシャドウやアイラインなどの斬新なメイクに引いてしまったり、逆に感度の高い人は、奇抜な色でも『かっこいい!』『面白い!』と思うなど、真逆の印象を与えることもあります。どちらにしても、少量利かせたカラーメイクには、人の目を引く力があることに違いありません」(スタイリスト・中根美和子さん)

今回は、色のイメージを基に、デイリーに取り入れられるメイクを提案。さりげない仕上がりで、色気をほのめかせて。

■ 【Red】無意識に目を奪われる“生命の色”


「血液や生殖器の色でもある赤は、セクシーに映る色。彩度の高い赤は強いインパクトを与え、彩度の低い暗めの赤は抑えた大人っぽさや、惹かれやすい複雑な色気があります」(山脇さん)。気軽に使うなら、使いやすい赤茶色がおすすめ。肌なじみのいいゴールド系をアイホール全体に入れた後、アイホールの半分ぐらいから目のキワ、そして下まぶたにも赤茶シャドウをオン。指でつければ薄づきで、よりなじみやすく。

【シャネル】レ キャトル オンブル #268 カンドゥール エ エクスペリヤンス
ウォーム、ライト、ディープの3種の茶+赤、4つの色を自由に組み合わせることで、自分の肌に合う赤茶を作り出すことも! ¥6,900(シャネル カスタマーケア TEL:0120・525・519)

【ポール&ジョー ボーテ】スパークリング アイカラー リミテッド 005「ロンロン」
濡れたようなツヤと淡い発色が調和する限定カラー。サンシャインゴールド×レッドブラウンの2色を混ぜても濁りなくシアーな目元に。¥3,000 5/1発売(ポール&ジョー ボーテ TEL:0120・766・996)

キャミソール¥2,000(アテニア TEL:0120・165・333) ピアス¥24,000(ファリス/エストネーション TEL:0120・503・971)

■ 【Lavender】知性とミステリアスさが同居する。

「青みがかったラベンダーは、つかみどころがないミステリアスさや知的さを醸し出します。また、ふわっと弱い色だからこそ優しさもアピールできます」(山脇さん)。ラベンダーはアイライナーでのポイント使いが挑戦しやすい。上は目頭から目尻まで入れ、目尻は跳ね上げて色を見せる。下は黒目の部分だけちょこっと。全体にぼんやり入れると古っぽく見えやすい色なので、ラインでエッジを利かせてポップに仕上げて。

【SHISEIDO】カジャルインクアーティスト02 Lilac Lotus
アイシャドウ、アイライナー、アイブロウと、自在に使えるマルチペンシル。重ねても軽いつけ心地で、よれにくく鮮やかな発色。¥2,200(SHISEIDO TEL:0120・587・289)

【アナ スイ コスメティックス】ラスティング カラーアイライナー WP 200
ビビッドな発色とパールの輝きが際立つ仕上がり。ウォータープルーフなので水に強く長時間色が長持ち。¥2,200(アナ スイ コスメティックス TEL:0120・735559)

ジャンプスーツ¥20,000(ピルグリム サーフ+サプライ TEL:03・5459・1690) ピアス¥27,000(ファリス/エストネーション)

■ 【Green】健康的なナチュラルカラーで安らぐ印象に。

スモーキーな緑は黒いまつげにのせると発色が程よく、エレガントに。大人の女性でも取り入れやすいのが特徴。なじむ色だからこそ、リップはブラウン系、チークはゴールドブラウンなどで抑えることで、全体の色が喧嘩せずグリーンが主役に。「黄色人種の日本人に自然になじみやすいのが緑色。明るい黄緑色よりも、ちょっとくすんだ緑の方が、陰影がついて大人っぽさが出る。見る人が安心する色です」(山脇さん)

【アンプリチュード】エクストラボリューム カラーマスカラ 01モスグリーン
遠目からも一本一本が見えるほどの存在感あるボリューム仕上げに。影色設計で、深くて独特な緑の発色を実現。¥4,400(アンプリチュード TEL:0120・781・811)

【クレアモード】クーピー柄 カラーマスカラ モスグリーン
クーピーペンシルでおなじみのサクラクレパスとのコラボ商品。色彩の専門家だから実現できた、高発色カラーマスカラ。¥1,500(クレアモード TEL:06・6978・2104)

ニット¥15,800(ビームス ライツ/ビームス ライツ 渋谷 TEL:03・5464・3580) ピアス¥17,750(マンデーエディション/ジェムプロジェクター)

中根美和子さん スタイリスト。トレンド感と女性らしい魅力を活かしたスタイリングが、女性から見ても憧れる絶妙な色気を生み出す。本誌でも多数の女優、アイドル、タレント等のスタイリングを手掛けている。

山脇惠子さん 心理カウンセラー、芸術療法講師。東京成徳大学大学院心理学研究科カウンセリング専攻修士課程修了。色彩を研究し、実践や指導に携わる。著書に『図解雑学 よくわかる色彩心理』(ナツメ社)など。

※『anan』2020年4月1日号より。写真・北村圭介 スタイリスト・中根美和子 ヘア&メイク・奥平正芳 モデル・琉花(エトレンヌ) 取材、文・若山あや

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング