サラダチキンを使って…豪華に見える「ごちそうサラダ」簡単レシピ

ananweb / 2020年9月2日 18時0分

サラダチキンを使って…豪華に見える「ごちそうサラダ」簡単レシピ

連載第154回目は、夏に食べたくなる簡単サラダメニュー! ヘルシーな鶏ささみ肉にオレンジを合わせて作ります。柑橘の爽やかな香りが食欲をそそり、食べ応え満点! メインもなるボリューミーなひと品です。
■ 『鶏ささみとオレンジのサラダ』


【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol. 154

■ 旬食材は、オレンジ!

オレンジは年中スーパーの青果コーナーで見かける果物ですが、おもなものは、バレンシアオレンジとネーブルオレンジです。そのほとんどが輸入物で、国産では和歌山県や神奈川県、広島県などで作られています。

輸入物はバレンシアオレンジが4~10月、ネーブルオレンジが11~3月が旬でほぼ1年中手に入ります。ちなみにバレンシアオレンジのほうがネーブルオレンジに比べてやや酸味が強いのが特徴です。

栄養素といえばビタミンCが代表的! オレンジ半分を食べただけで、ほぼ一日のビタミンC最低摂取量を摂ることができます。豊富なビタミンCは、髪や肌に必要なコラーゲンを作るのに役立ち、美肌効果を期待できますね。

それだけではありません! ビタミンC以外にも、β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2なども豊富で、リン、鉄、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルも多く含み、非常にバランスの良い栄養素を持っています。

1年中手に入るので、1日1個オレンジを食べて美肌をキープしてはいかがでしょうか♡

■ 材料はこちら!

【材料(二人分)】

鶏ささみ      :3~4本    ※サラダチキンでもOK。その場合は酒、水不要。
酒         :大さじ1
水         :300ml

塩         :ふたつまみ  ※鶏ささみをほぐす際に使用
コショウ      :適量     ※鶏ささみをほぐす際に使用

レタス       :1/2玉     ※今回はフリルレタスを使用
オレンジ      :1個  
トレビス      :適量     ※クレソンなどお好みの葉野菜等
カッテージチーズ  :適量    
ミックスナッツ   :適量     ※細かく砕く

(ドレッシング)
オリーブ油     :大さじ1
ホワイトビネガー  :大さじ1
塩         :小さじ1/8~
コショウ      :適量
オレンジのしぼり汁 :1個分     ※サラダに使うオレンジの皮部分をしぼります。

(仕上げ用)
塩         :適量
コショウ      :適量

■ まず、下準備を始めます。~その1:オレンジを切ります。

オレンジは皮を除き、実の部分を取り出します。

■ ドレッシング用の果汁をしぼります。

残った皮は捨てず、果汁をしぼります。

■ まず、下準備を始めます。~その2:サラダドレッシングを作ります。

小さめのボウルにオレンジの果汁とオリーブ油、ホワイトビネガーを合わせます。
塩、コショウも加え混ぜ合わせます。

■ では、作ります! まずは鶏ささみを茹でます。

鍋に湯を沸かし、沸騰したら酒と鶏ささみを入れます。

■ ふたをして火を消し、10分置きます。

ふたをして火を消し、10分置きます。
蒸らしながら熱を入れます。

■ 蒸らし後、粗熱を取り、手で細かく裂きます。

蒸らした後は引き上げ、粗熱を取り除き、手で細かく裂きます。
細かく裂き終えたら全体に塩コショウを振り、ざっと和えます。

■ ボウルにレタスとトレビスをちぎり入れます。

大きめのボウルにレタスとトレビスを手でちぎり加えます。

■ 鶏ささみを加えます。

鶏ささみを加え、ざっと和えます。

■ オレンジも加えてドレッシングを回しかけ和えます。

オレンジを加えドレッシングも加え大きく和えます。

■ 器に盛り付けます。

器に盛り付け、カッテージチーズを散らします。

■ ミックスナッツも散らし、塩コショウで味を調えます。

細かく砕いたミックスナッツを全体に散らし、塩コショウで味を調えます。

■ おいしさのアレンジポイント♪

鶏ささみではなく、コンビニのサラダチキンやハムなどを千切りにして加えると手軽にできます!
合わせるフルーツはグレープフルーツなどの柑橘系またはキウイフルーツなどもおすすめです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング