乃木坂46・向井葉月「簡単で驚きました」 “マスクストラップ”の作り方

ananweb / 2020年11月5日 19時40分

乃木坂46・向井葉月「簡単で驚きました」 “マスクストラップ”の作り方

増えたおうち時間に手芸をする人が増加! 乃木坂46の向井葉月さんもマスクストラップ作りに挑戦!?

キラキラしたリボンに、華やかな布…。女子が大好きなモノが詰まった手芸店が大盛況! 足を運んでみると、おうち時間が急激に増えたことをきっかけに盛り上がった手芸ブームが継続中なことを実感できるはず。

「楽しみながら選んだ材料で、世界にひとつのアイテムを自分の手で作れるのが手芸の魅力です」

と手作り専門カルチャースクール、ヴォーグ学園講師の榑谷孝子さん。今回は、マスクストラップの作り方を教えてくれました。乃木坂46の向井葉月さんが挑戦します!

マスクストラップ



不器用さんでも大丈夫! 超簡単ファッションアイテム。

ソーシャルディスタンスが保たれていて、ドリンクを飲む時などちょっとだけマスクを外したい時に便利なアイテムが、マスクストラップ。作ったのは向井さん。「本当に簡単で驚きました。シンプルなマスクも、ストラップがアクセントになってすごくオシャレ! これからは、マスク×ストラップの組み合わせでもセンスが問われそうです(笑)。このリボンにした理由はサイリウムカラーが黄色×黄色だから。私らしい、私だけのストラップができて嬉しいな」

細かい作業が苦手で大雑把な性格という向井さん。「でも、家庭科の授業は真面目に受けました。中3の時に頑張って作ったズボンは、今もはいてます。スマホケースを作ったことも。売ってるモノは大体ぶかぶかなので、いつか帽子を作ってみたいです」

慣れた手つきの向井さん。「手芸好きのお母さんのお手伝いで、使ったことがあるんです」

作り方



【材料】リボン…60~70cm(お好みの長さで)/丸かん…2個/リボン留め…2個/フック…2個



【道具】ボンド/平やっとこ

1、リボンの両端がほつれないように、少量のボンドを塗って乾かす。

2、ボンドが乾いたら、平やっとこでリボン留めをはめる。

3、平やっとこで丸かんの口を開き、フックを入れ、リボン留めに通す。

4、平やっとこで丸かんの口を閉じる。

榑谷孝子さん ヴォーグ学園で手編み・機械編指導員修了。その後、服飾専門学校を卒業し、同学園教員として勤務する。初心者向けから資格取得コースまで幅広く担当。(公財)日本手芸普及協会ホームソーイング指導員。

むかい・はづき 1999年8月23日生まれ、東京都出身。3期生。現在『将棋フォーカス』(NHK Eテレ)で総合司会を務める。真剣な表情と、屈託のない笑顔が魅力。パーカ¥12,000(サロン アダム エ ロペ TEL:0120・298・133) スカート¥34,000(フィーニー TEL:03・6407・8503) ソックスはスタイリスト私物

※『anan』2020年11月11日号より。写真・内山めぐみ スタイリスト・武政 ヘア&メイク・KUBOKI yumi(共にThreePEACE) イラスト・momokoharada 取材、文・小泉咲子 撮影協力・TITLES AWABEES

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング