紫外線だけじゃない…ホコリや花粉、PM2.5もバリア「日焼け止め新常識」

ananweb / 2021年1月2日 19時20分

紫外線だけじゃない…ホコリや花粉、PM2.5もバリア「日焼け止め新常識」

来年2021年2月にビオレUVから新日焼け止め「ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク」、「ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス」が発売します。この2アイテムは、紫外線だけでなく空気中のホコリや花粉、PM2.5など目に見えない微粒子の外的刺激から肌を守る高機能UV。紫外線が肌にダメージを与えることは広く知られていますが、PM2.5なども美肌を阻む存在。効果的にブロックするために花王の最新技術が駆使された2アイテムの魅力に迫ります。

「アレ? 目がかゆいなぁ」「顔がムズムズする…」そんな症状を引き起こす目に見えない“敵たち”

空気中にはホコリや花粉、PM2.5など目に見えないものが浮遊しています。目には見えないごくわずかな微粒子ですが、目や肌がかゆくなったり、しっかりメイクをしているのに肌色がくすんで見える日はこれら3つの「目に見えない敵」のせいかも。

肌に付着した環境微粒子に紫外線があたることで、活性酸素が発生するといわれています。活性酸素は免疫機能を発揮する一方、過剰に発生すると、シミやニキビ、肌のバリア機能を弱めるなど肌へのダメージや老化の原因になることがわかっているそうです。

紫外線だけでなく、これらの微粒子からもしっかりと肌を守るため研究開発に取り組んでいる花王がこの度発売するのが「ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク」、「ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス」の2アイテム。

花王の最新技術、あえて肌の表面を「ミクロレベルの凹凸」に仕上げる……その意味とは?

ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク 50mL SPF50 PA+++ ¥880(税抜)※編集部調べ 2021年2月6日発売

「ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク」を肌に塗布すると、目に見えないほどのミクロレベルの“凹凸”の構造の膜で肌が覆われます。ツルっとした“面”で仕上げるのではなく、あえて凹凸に仕上げることで、花粉やチリといった微粒子の接地面が少なくなり付着しにくくなるのだそう。

顕微鏡で確認しないとわからないぐらいの凹凸なので、使用感はスルスル~としたやさしい肌ざわり。さらに、ウォータープルーフタイプなのでマスクのムレによる崩れにも強くつくられています。

自然に透明感もUPしたい人は「ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス」を。

ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス 70g SPF50+ PA++++ ¥880(税抜)※編集部調べ 2021年2月6日発売

紫外線、ほこり、花粉などの微粒子から肌を守りつつ自然に透明感もUPしたい人は、ライトアップパールも配合された、「ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス」がおすすめ。

紫外線吸収剤不要! 海やサンゴ礁にやさしいので罪悪感なし。

紫外線や微粒子の外的刺激から肌を守れても、日焼け止めを塗った肌で海で遊ぶことで自然が損なわれるのは気分が良くないですよね。「バリアミー」の方には、自然界に悪影響を及ぼす紫外線吸収剤が使われていません。そのため、安心して海で遊ぶことができます。ここまであらゆる点に気を遣われている日焼け止めは、最高傑作に近いかも!?

来年からは、肌にも自然にもよい日焼け止めで美肌をかなえましょう!

文・玉絵ゆきの

Information

花王 0120-165-692

©Tharakorn/Gettyimages
©Vincent Pommeyrol/Gettyimages

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング