1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

韓国ドラマの人気3作品の展示が一堂に! 『スタジオドラゴン 韓ドラ展』

ananweb / 2021年7月14日 19時30分

韓国ドラマの人気3作品の展示が一堂に! 『スタジオドラゴン 韓ドラ展』

壮大なスケールで描かれる緻密なストーリー、そしてさまざまなジャンルのドラマを制作し、昨今の韓国ドラマブームを牽引しているスタジオドラゴン。今回はそのスタジオドラゴンの世界初の展示会『スタジオドラゴン 韓ドラ展』が開幕。スタジオドラゴン制作のドラマの中から、特に日本で人気の高いドラマ「ヴィンチェンツォ」「スタートアップ :夢の扉」「キム秘書はいったい、なぜ?」の3作品が展示される。韓国ドラマの奥深さにどっぷりハマれること間違いなしの『スタジオドラゴン 韓ドラ展』をレポートします!

韓国ドラマの世界にどっぷり浸れる!

ドラマ「ヴィンチェンツォ」はイタリアのマフィアが主人公のノアール復讐劇。ダークでシュールな世界観を描きながら、コミカルなシーンとの緩急が絶妙で、ついつい夢中になって観てしまう。それでいて社会の不条理をしっかりと描いた、2021年もっとも注目を集めた韓国ドラマだ。

今回の展示ではドラマ「ヴィンチェンツォ」の世界観の深さを体感できるよう、さまざまな工夫が凝らされている。まず来場者が目にするのは、「名台詞のシャワー」。「ヴィンチェンツォ」のセリフがプリントされた垂れ幕を観ていると、実際にセリフを言う声が降り注ぎ、目と耳で同時にセリフを体感することで、作品の世界をより深く感じることができるというもの。さらに、それらのセリフについて、韓国在住のK-dramaライターMisaさんが詳細に解説。字幕だけではわからなかったセリフの奥に込められたメッセージを深く理解することができる。

「ヴィンチェンツォ」といえば、思わぬ人気を博した鳩のインザーギもしっかり登場(?)。ドラマには映らないものの、「暴露TV」用の台本も展示されていて、こんなに細かいところまで作り込まれているのかとしみじみ驚かされる。

おしゃれなヴィンチェンツォが着用していたスーツも展示されている。

続いては、若き起業家たちの挑戦と成長を描いた「スタートアップ:夢の扉」。オ・チュンファン監督による美しい映像と脚本家パク・ヘリョンによるメッセージ性のあるセリフの組み合わせで、韓国ではまだまだ少ない起業を目指す若者たちにフォーカスしたドラマとして注目を集めた。

第1話に登場する桜の木には、実際にドラマに使われた鳥の巣箱と手紙が!

夢を叶えるために、自分の夢を書いて貼り付けるサンドボックスのボードもあり、実際に書き込めるようになっている。

ドラマの登場人物たちが着ていた衣装もそのまま展示。

最後の「キム秘書はいったい、なぜ?」は、パク・ソジュン演じる財閥の御曹司イ・ヨンジュンと、パク・ミニョン演じる敏腕秘書キム・ミソが主演した、韓国ドラマ王道の胸キュンラブコメ。御曹司との恋という韓国ドラマにありがちな設定ながら、役柄の詳細な作り込みに定評のある2人が演じただけあって、今の時代に受け入れられる作品として人気が爆発。

恋愛ドラマがメインでありながら、人が抱えるトラウマについても描かれているところがこの作品の深さ。ドラマにもたびたび登場するミソの幼少期の日記は、日本語訳つきで展示。

ミソに成り代わって(もしくはヨンジュンになりきって)撮影できる「胸キュンフォトスポット」も。ヨンジュンのネクタイを締めたり、腕を組んだりすることもできるようになっているこだわりよう。

ミソの部屋を再現。ベッドには、ドラマでたびたび登場するぬいぐるみたちも。

そして進路を示す足元の標識にもご注目を。実はドラマごとにモチーフが変わるという演出が心憎い。最後にはスタジオドラゴン制作の新作ドラマのティザー映像もあるので、お見逃しなく。韓国ドラマの沼によりいっそうハマりそうな『スタジオドラゴン 韓ドラ展』、ぜひ遊びに行ってみて!

Information

展覧会名:『スタジオドラゴン 韓ドラ展』
期 間 :2021年7月9日(金)〜8月28日(土)
※新型コロナウイルスの感染状況により延期、中止する可能性があります。
開館時間:10:00〜20:00
※最終入場は閉館の30分前
※最終日の8月28日(土)は10:00〜15:00(最終入場14:30)
会 場 :渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホールA(東京都渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ9F)
チケット料金
【平日】 :¥1,700(税込)
【土日祝】:¥1,900(税込)

お問い合わせ:「スタジオドラゴン 韓ドラ展」お問合せ事務局
kandoraten-faq@eplus.co.jp



<スタジオドラゴン>
スタジオドラゴンは、コンテンツの企画、開発から資金調達、プロデュース、流通に至るまでの全過程を網羅するプレミアム・ストーリーテラー・グループ。

グローバル・プレミアムIP を188タイトル保有しているアジア最大規模のドラマスタジオで、2016年CJ ENMのドラマ事業本部から独立し、設立された。 2020年初めには、アメリカのロサンゼルスでインターナショナル支社を設立し、米国有数のエンターテインメント・パートナーと一緒にアメリカ/グローバルドラマ制作に乗り出している。

スタジオドラゴンは250人余りの中核クリエイターと共に年間30タイトルほどのドラマシリーズを制作し、さまざまなプラットフォームに流通している。
斬新でありながら普遍的な楽しさを保有しているストーリーテリング中心のドラマで全世界のファンを魅了しており、2020年NETFLIX ワールドワイド TOP10には「愛の不時着」、「サイコだけど大丈夫」、「青春の記録」、「スタートアップ」、「悪霊狩猟団:カウンターズ」がランクインした。

取材・文 尹 秀姫

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング