1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

10月“最大のラッキーデー”はいつ!? 【2021年10月の金運】を一挙に大公開!

ananweb / 2021年10月1日 21時15分

10月“最大のラッキーデー”はいつ!? 【2021年10月の金運】を一挙に大公開!

お金がすべてではないけれど、ないよりはあった方が断然いいはず。そんなお金にまつわる運気を、占い師の五十六謀星もっちぃさんに東西の様々な占いや伝統的な暦注などの知識を総動員してカレンダーにまとめてもらいました。お買い物や倹約のスケジュールを組む際に、ぜひ活用してください。

10月の全体像

月初は比較的不安定な日が続きますが、月の中旬、下旬に向けてどんどんと無駄遣いしたい欲求が消えてすっきりとしていくでしょう。

買い物に適したタイミングは中旬と下旬にあるので、上旬の間は節約ムードで過ごした方が良さそうです。

月初は倹約を!

月初は星回りが不安定なため、様々な物欲や気の迷いが起こるかもしれません。長期的に見て得にならない買い物にお金を遣ってしまい、散財するリスクもありそう。

特に10月の最初の土日は余計な買い物をしそうなので、財布のひもを引き締めて過ごすのがよいでしょう。ただし、普段から買い慣れている日用品の購入については全く問題ありません。普段とは違う衝動的な買い物にご注意ください。

運が開けるのは7日から!

新月を迎える6日には、運気の波がかなり落ち着いてくるでしょう。気持ちがすっきりと晴れて、不必要なものに対する物欲はスッと消えていくはず。

さらに、翌日の7日には星回りがよくなり、運が開けていくでしょう。あまり必要ではないけれどあったら嬉しい贅沢品の購入を迷っているのなら、7日を過ぎてもまだほしい気持ちがあるかどうかをもとに判断してみてください。

13日の上弦の月でさらに運が開ける

一粒万倍日でもある13日は上弦の月です。この日は運気の調子もよく、臨時収入などの幸運を呼び寄せやすいとき。懸賞への応募を考えている人は、この日を選ぶとよいでしょう。

“種をまいて後で大きな収穫を得る”という一粒万倍日の効果が、強く期待できそうな日です。

買い物は16日に!

満月に向かって月が大きくなってゆく中旬の時期は、金運も上昇傾向にあります。特に16日の一粒万倍日は、人々の金運がよくなりそう。

買い物を計画している人にとっては、非常によい日取りといえます。10月に2度ある買い物日和の1回目は、16日です。この日は特に、秋冬のファッションアイテムの購入にラッキーがあるかもしれません。

19日以降はさらに無駄遣いが減る

19日には“水星の逆行”と呼ばれる状態が終わり、心がさらにスッキリとするでしょう。これ以降は無駄遣いをしたいという欲求もさらに減少し、効率的で合理的な金銭管理ができるようになるはず。

合理的に判断ができる時期なので、見積もりをとって何かを注文するような取り引きはこの日以降にするとよいかもしれません。また、この日は定額課金を見直すのにも向いています。

満月になる20日は、財布にエネルギーを注入しよう!

満月を迎える20日は星回りもよく、いいエネルギーが降り注いできそう。こういう日は、満月のエネルギーを財布に注ぐといいでしょう。

そのためには、まず財布に入っているものをすべて取り出し、財布の中を掃除してください。そして、きれいになった財布を満月に向かって上下に振ればエネルギーチャージが完了!

新品の財布の場合は、使い始めを27日の天赦日にすれば、さらに金運が上昇しそうです。

27日は最高の買い物日和

天赦日という最良の吉日である27日は、10月の中で最大のお買い物日和です。大きめのお買い物を考えている人は、この日に購入するといいでしょう。

これまで節約を頑張ったご褒美に何かを購入するのもいいかもしれません。新しい事業など、収入を増やすための行動を始めるのにも向いています。



五十六謀星もっちぃ
10代にして某有名占い館の最年少占い師としてデビュー。現役の占い師として5万件の鑑定実績を持つ他、占い関連事業のプロデュースやコンサルタント等を手がける。占い師養成講座も好評を博し、人気占い師を多数輩出。メディア出演も多数あり、「占い師のサロン」を主宰。
著書に『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)がある。

©georgeclerk/gettyimages
©Deagreez/gettyimages

文・五十六謀星もっちぃ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング