「あしたのジョー」50周年でオリジナルアニメ制作! ちばてつや「愛し続けてくれて感謝」

アニメ!アニメ! / 2017年10月13日 12時12分

(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

ボクシングマンガの金字塔『あしたのジョー』の連載開始50周年プロジェクトが始動。本作を原案としたオリジナルTVアニメ『メガロボクス』が2018年春に放送開始に先駆け、ティザービジュアルを公開。さらに原作の画を担当したちばてつやを始め、原作・高森朝雄長男の高森城、本作でメガホンを取る森山洋監督のコメントが発表された。

『あしたのジョー』の原作は、「週刊少年マガジン」1968年1月1日号から連載がスタート。身寄りのない風来坊だった矢吹丈がボクシングと出会い、運命のライバル・力石徹とともにプロボクシングで己の生命を燃焼させていく物語である。寺山修司、三島由紀夫、横尾忠則といった当時の知識人たちから支持を集め、作中で死亡した力石の葬儀が実際に行われたことも大きな話題となった。累計発行部数は2000万部に達している。

このたび、連載開始50周年プロジェクトとして発表されたTVアニメ『メガロボクス』は地下リングで八百長試合に身を沈めていたJD(ジャンク・ドッグ)と呼ばれる男の運命を描く。今回公開されたティザービジュアルには、地下リングに佇むJDらしき男の姿が描かれており、その表情は伺うことができないが、これからはじまる熱い物語を期待させる出来映えだ。

『あしたのジョー』が来年で50周年を迎えることを受け、ちばは連載当時を「ジョーや力石達、登場人物に負けないくらい毎回真剣勝負で、夢中になって作品に向き合ってきました」と振り返り、「あとに真っ白な灰しか残らないくらい、一途に何かを追い求める。どれだけ時代を経ても色あせない人間ドラマがあるとすれば、そんな姿勢にこそ共感が宿るんじゃないかな、と思います」と語る。

また、「長い間愛される作品に関われたことを誇りに思うと同時に、何よりもまずジョーを愛し続けてくださった、ファンの皆さんに感謝の気持ちで一杯です」と胸中を明かすちば。『メガロボクス』については「『あしたのジョー』を愛してくださっているスタッフの皆さんが魂をこめて制作してくださっています。今の時代にふさわしい、全く新しい切り口の、でもどこかに普遍の核がある、骨の太い作品になるんじゃないかな、と、今から楽しみにしているんです」と期待のメッセージを寄せた。



TVアニメ『メガロボクス』
2018年春TV放送開始

[スタッフ]
原案:「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊)
監督・コンセプトデザイン:森山洋
シリーズ構成・脚本:真辺克彦 小嶋健作
音楽:mabanua
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:メガロボクスプロジェクト

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
アニメ!アニメ!ロゴ

トピックスRSS

ランキング