「ダリフラ」上村祐翔、戸松遥ら上映会に登壇 コヤマシゲト監修の大型立像もお披露目

アニメ!アニメ! / 2018年1月14日 13時30分

「『ダーリン・イン・ザ・フランキス』舞台挨拶付き先行上映会」(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

1月12日、TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の舞台挨拶付き先行上映会がユナイテッド・シネマ豊洲にて開催された。舞台挨拶では主人公・ヒロ役の上村祐翔、ヒロイン・ゼロツー役の戸松遥、イチゴ役の市ノ瀬加那、ゴロー役の梅原裕一郎が登壇。会場ではフランクス「ストレリチア」の大型立像もお披露目され、大盛況のイベントとなった。

キャスト陣は第1話を鑑賞したファンに向けて、作品に関するトークを披露した。主演の上村は「スタッフ、キャスト全員が全力を出し切らないと出来ない作品だと自負しておりますので、画面を通して皆さまに伝われば良いなと思っております。精一杯これからも演じていきますので、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』を宜しくお願いします」とコメント。戸松も「スタッフ、キャストの全員が全身全霊を込めて作っています。話が進めば進むほど面白くなりますので、最後までぜひ見て頂けたらと思います」と今後の展開について語った。
市ノ瀬は「コドモ達が懸命に戦っている生き様を見て頂きたいなと思います。私自身イチゴを勉強して、もっと魅力的なイチゴを演じられるように頑張っていきます」と意気込みを見せる。梅原は「まだ分からない事が徐々に明らかになりますので、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の今後の展開をお楽しみください」とファンにメッセージを伝えた。

イベント会場ではフランクス「ストレリチア」の大型立像もお披露目。メカニックデザイン・コヤマシゲトの監修で、3ヶ月にわたって制作が進められていた姿が明らかになった。白と赤のボディカラーが美しく、初回放送への期待を煽る出来映えである。

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』
2018年1月13日(土)より、TOKYO MXほかにて放送

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

アニメ!アニメ!ロゴ

トピックスRSS

ランキング