中島愛、デビュー10周年で出身地・茨城に凱旋! 地元愛あふれたライブレポート

アニメ!アニメ! / 2019年2月26日 12時0分

中島愛、デビュー10周年で出身地・茨城に凱旋! 地元愛あふれたライブレポート

2月23日、声優・歌手として活動する中島愛が、デビュー10周年を記念して自身の出身地でもある茨城・mito LIGHT HOUSEにて凱旋ライブを開催した。

中島は「みんな、しみじみ茨城やってきたか~?」というひと言を皮切りに、まずは中島愛名義としてのデビュー曲「天使になりたい」からライブをスタート。
茨城にちなんだ2曲目の「スターライト納豆」は、『マクロスF』において自身が演じるランカ・リーが歌唱した、架空のメーカーのCMソングだ。納豆のパックを手に歌う姿は大ウケし、「それ、中入ってんの?」という声掛けには中島も「挨拶がまだだよ(笑)」と苦笑い。「中島愛です。ようこそ茨城へ」と、地元に駆けつけてくれたファンを笑顔で歓迎した。

3曲目には、最新作のカバー・ミニアルバム「ラブリー・タイム・トラベル」から、松田聖子のカバー「Kimono Beat」をチョイス。そこから、kz(livetune)作詞作曲のジャジーナンバー「Bitter Sweet Harmony」、同シングルのカップリング曲「ポラリス」へと繋いでいく。
ゆったりとしたグルーヴが心地よい「ポラリス」では最後にギターソロが入り、熱を高めつつのフィニッシュとなった。



次はそこから一転して、声優の中島だからこそできるコーナーへ。自身が演じたキャラクターのセリフとともに、キャラソンやアニメ主題歌を立て続けに披露していく。
まずは、「世界に広がるビッグな愛!キュアラブリー!」というセリフから、『ハピネスチャージプリキュア!』キュアラブリーのキャラソン「ドデカ・ラブ」を歌唱。続いて、「マスター、水戸でライブをやれて、レーネ嬉しいのです!」というセリフから、『武装神姫』オープニングテーマ「Install×Dream」のレーネ・バージョンを歌い上げる。
最後は「私の歌、届くといいな」というセリフから、『マクロスF』10周年記念シングル「Good job!」に収録されたランカのソロ曲「ランカとBrand New Peach」で締めくくった。

アコースティックギターで届ける落ち着いた楽曲のコーナーでは、「知らない気持ち」「星空」の2曲を披露。バラードの「星空」の演奏が終わり、突然「茨城県民体操」の伴奏曲が流れてくると、中島とバンドメンバーはそれにあわせて体操を始める。
「高校時代にジャージ姿でやらされて、恥ずかしかった」という屈伸運動を、あえて曲を早送りしてまで再現してみせる中島。地元ならではの弾けっぷりでも場内の笑いを誘った。

場が温まったところで、ライブはいよいよ後半へ突入。「サブマリーン」「サタデー・ナイト・クエスチョン」「ワタシノセカイ」と、アッパーな楽曲を続けて歌い上げていく。
「サブマリーン」のラストにはギターソロとベースソロが、「サタデー・ナイト・クエスチョン」の終盤にはドラムソロがそれぞれ入り、バンドメンバーの見せ場も。熱い歌と演奏に場内もヒートアップした。

そして本編のラストは、松本伊代のカバー「時に愛は」で飾る。『ラブリー・タイム・トラベル』の最後を飾っていたバラードを、バンド演奏で歌唱した。
さらにアンコールでは、ファンが待ちわびていた「星間飛行」をパフォーマンス。ライブTシャツに着替え、「しみじみ茨城」のロゴ入りタオルを首に巻きながら歌うという、今までにないリラックスしたスタイルでの披露となった。

ここで中島は、誕生月の6月にベストアルバムをリリースすること、そして7月21日に恵比寿ガーデンホールにてワンマンライブを開催することを告知。
「今年30歳になって、アラサーからサーに昇格して1発目のワンマンライブになるので、ぜひいらしてください」と呼び掛けるも、「アラサーからサー」という意味不明のひと言には自分自身で大ウケしていた。


そして「この一回きりではないと信じたい。また、地元で会えることを祈って、私の大好きな曲で、一旦締めたいと思います」というMCとともに、ライブの最後には「金色~君を好きになってよかった~」を歌唱。ファンにはお馴染みのナンバーだけに、サビでは大合唱が巻き起こる。
中島は「みんな最高!これで、茨城のことも水戸のことも好きになってくれましたよね?またぜひ、茨城に遊びに来てください」と地元をアピールし、ライブの幕が閉じられた。

中島 愛 凱旋ライブ inmitoLIGHTHOUSE~しみじみ茨城~
2019年2月23日
撮影:SHINISHIKAWA

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング