「名探偵ピカチュウ」5月3日より日本先行公開!“しおしお顔&くしゃ顔”が可愛い予告も到着

アニメ!アニメ! / 2019年3月20日 17時0分

『名探偵ピカチュウ』本ポスター(C)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(C)2019 Pokemon.

実写映画『名探偵ピカチュウ』が、全世界に先駆けて5月3日より日本で先行公開されることがわかった。あわせて“しおしお顔”や“くしゃ顔”のピカチュウが可愛い最新予告映像が到着。日本語吹き替えキャストには竹内涼真と飯豊まりえの出演も決定した。

『名探偵ピカチュウ』は、同名のニンテンドー3DS用ゲームを原作とする『ポケットモンスター』初の実写映画化タイトル。
人間とポケモンが共存する街・ライムシティで、事件に巻き込まれた父親を探す少年ティムが、自分にしか聞こえない人の言葉で話す名探偵ピカチュウと出会うところからストーリーが展開していく。

このたび公開された最新予告映像は、“しおしお顔”や“くしゃ顔”など様々な表情を見せるピカチュウがとても可愛らしい仕上がり。


そのほか圧倒的な存在感を放つミュウツーをはじめ、フシギダネ、リザードン、コダックといったお馴染みのポケモンたちも続々と登場しており、麻倉未稀の「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」が盛り上げている。なお本映像は、3月21日より全国の映画館でも上映される予定だ。

そして日本語吹き替えキャストでは、先日の製作報告会見で発表されていた主人公・ティム役の竹内涼真とともに、ヒロイン・ルーシー役で飯豊まりえの出演が決定した。渡辺謙演ずるヨシダ警部補は、渡辺謙本人が声を担当する。

竹内は作品の出来栄えを「本当にポケモンたちが生きているみたいでビックリしましたし、ポケモン世代のいちファンとしてこの世界観が表現されたことが嬉しかったです」と喜び、演じるティムについて「コンプレックスがあったり、すべてに素直になれない青年。そんな彼の成長物語にもぜひ注目してもらいたいです」とコメント。

飯豊は「『ポケモン』は小学生の頃からゲームが出たら絶対に買ってきましたし、今でも時間があったらポケモン映画を観返すほど大好きだった」と『ポケモン』ファンぶりを打ち明けつつ、ルーシー役に「相棒・コダックが可愛くて仕方がないので、一緒に頑張ります!」と意気込んだ。

『名探偵ピカチュウ』は、5月3日より日本先行ロードショー。

『名探偵ピカチュウ』(原題:Pokemon Detective Pikachu)
公開日:5月3日(金)日本先行公開
上映時間:1時間40分予定
製作:レジェンダリー・ピクチャーズ、ワーナーブラザース、東宝、ポケモン
監督:ロブ・レターマン(「シャーク・テイル」「モンスターVSエイリアンズ」)
脚本:ロブ・レターマン ニコール・パールマン(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

出演:ライアン・レイノルズ ジャスティス・スミス キャスリン・ニュートン 渡辺謙 ビル・ナイ リタ・オラ スキ・ウォーターハウス
吹替:竹内涼真(ティム役)、飯豊まりえ(ルーシー役)
(C)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(C)2019 Pokemon.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング