実写映画「惡の華」“変態全開”の特報&ティザービジュアルがお披露目! 公開日も発表に

アニメ!アニメ! / 2019年6月11日 8時0分

『惡の華』(C)押見修造/講談社 (C)2019 映画『惡の華』製作委員会

実写映画『惡の華』の公開日が9月27日に決定。あわせて体操着を嗅ぐ主演・伊藤健太郎、 「クソムシが」と吐き捨てるヒロイン・玉城ティナらを映し出した、“変態全開”の特報&ティザービジュアルが到着した。



「変態」というワードが散りばめられた特報は、原作でも印象的な「うっせー、クソムシが」という強烈なセリフと、玉城ティナ演じる孤高のヒロイン・仲村佐和の鋭い眼光からはじまる。


この映像には、今をときめく人気若手俳優・伊藤健太郎演じる春日高男が、ひょんなことから憧れている女子の体操着の匂いを嗅ぐ姿や、大雨のなか半裸で雄叫びを上げる姿も収められており、キラキラした青春映画とは一線を画すストーリー展開がうかがえる。
特に中学時代編の一番のハイライトである、深夜の教室を破壊するシーンは原作ファン必見といえるだろう。

そして特報と同時にお披露目となったティザービジュアルは、ひっくり返った椅子や墨汁まみれの黒板、壁に書き殴られた本能丸出しの落書きといった背景の教室にも注目の仕上がり。暴走する青春が凝縮された、唯一無二の超変態狂騒劇を予感させるようなビジュアルとなっている。
なお、このビジュアルを使用したオリジナルポストカードセットが特典のムビチケは、6月14日より発売される予定だ。

実写映画『惡の華』は9月27日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国にてロードショー。

映画『惡の華』
伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 飯豊まりえ
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇
脚本:岡田麿里
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかり TV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)押見修造/講談社 (C)2019 映画『惡の華』製作委員会

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング