「エヴァンゲリオン」初号機、暴走状態で使徒に襲いかかる... 怪しく光る“夜間戦闘版”で立体化!

アニメ!アニメ! / 2019年7月26日 21時31分

「エヴァンゲリオン」初号機、暴走状態で使徒に襲いかかる... 怪しく光る“夜間戦闘版”で立体化!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より「エヴァンゲリオン初号機」が、開口した“暴走状態”で使徒に襲いかかる姿を立体化。スタチューメーカーの株式会社プライム1スタジオより、全世界500個限定で2020年7月~11月ごろに発売される。



本商品は、第3新東京市を駆ける夜間戦闘を行う初号機をアグレッシブなポージングで立体化。
全身に施されたグリーンのペイントが、闇夜に怪しく浮かび上がる蛍光色をイメージし、頭部にはLEDライトアップ機能がつけられた。
ベースは第3新東京市をモチーフとしたジオラマとなっており、“使徒“との戦闘で暴走に至ったシーンを想像させる演出にも注目してほしい。



「アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン 初号機 夜間戦闘Ver」の価格は140,900円(税別)で、2020年7月~11月ごろに発売予定。

アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン 初号機 夜間戦闘Ver
商品価格:140,900円(税別)
販売数量:全世界500個限定(台座の裏とパッケージにシリアルナンバーが入ります)
発売時期:2020年7月~11月頃を予定
サイズ:H:76.8cm W:61.4cm D:68.3cm
重量:29kg
材質:ポリストーン(一部に別素材使用)
(C)カラー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング