【アメリカ発コラム】アメリカ女性の2人に1人はメイクに依存!?

AOLニュース / 2012年3月15日 16時10分

Filed under: ゴシップ, celebrity-style, celebrity-health-beauty, ビデオ

多くの女性にとって、メイクは日常生活の一部。そこでメイクに関する<Huffington Post>のコラムをご紹介します。

外出時に、最低でも少量のコンシーラーとリップグロスはつけますか? そうする必要があると感じるのであれば、同じ考えの人は他にもいるようです。

摂食障害を研究するレンフルー・センター・ファウンデーションが実施した、ハリス調査(Harris poll)の結果によると、44%の女性は「メイクをしないと自分は魅力的でない」と感じるとか。さらに4分の1(25%)の女性は、13歳かそれ以下で化粧をしはじめたことも明らかに。

13歳よりも前からメイクをしていれば、ノーメイクの状態で自分に自信を持つのは難しいのかもしれません。ですがイギリスで以前行なわれた研究では、上司の3人に1人は、女性の仕事場でのメイクアップが時々濃すぎると思っているそうです。

この結果が全ての女性に当てはまるわけではありません。ですが<Huffington Post>のスタッフは最近、週末だけノーメイクで過ごすことを実行し、かなり気に入っているのも事実。さらに最近では、歌手兼女優のジュリアン・ハフや、女優のマリオン・コティヤール、モデルのバー・ラファエリといったセレブも、すっぴんで外出する姿がパパラッチされていたりして...。

自分のあるがままの顔を受け入れ、メイクに対しては「絶対に必要!」などと力まないのがいいのかも。

2012年のファッション、ビューティー、スタイルのトレンド
ピンクや赤、ネオンカラーなどの明るい色、濃い眉毛、自然なカール、たくさんのアクセサリー、イギリスのもの

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング