アン・ハサウェイの歌声が物悲しく響く、劇場版『レ・ミゼラブル』予告編

AOLニュース / 2012年5月31日 16時50分

Filed under: ゴシップ, ムービー, ミュージック, Amanda Seyfried, Anne Hathaway, ビデオ, Eddie Redmayne

ミュージカル『レ・ミゼラブル』の劇場版『レ・ミゼラブル/Les Miserables』の予告編がついに公開された。

世界中でその名を知られる『レ・ミゼラブル』。まずは映像をご覧いただこう。

『レ・ミゼラブル/Les Miserables』予告編


アン・ハサウェイはこの中で、貧困にあえぎ、行き詰ったシングルマザーのファンティーヌを熱演。映像ではまた、彼女が感情を込めて歌う名曲「I Dreamed A Dream(邦題:夢やぶれて)」が物悲しく響いている。

また、主人公のジャン・ヴァルジャンをヒュー・ジャックマンが、ジャヴェール警部をラッセル・クロウが演じている。ファンティーヌの娘コゼットには、アマンダ・セイフライドが選ばれた。コゼットの恋人マリウスには『マリリン 7日間の恋』のエディ・レッドメインが、テナルディエ家の長女エポニーヌには新人のサマンサ・バークスがキャスティングされている。

アンが歌う「I Dreamed A Dream」がやや荒けずりに聴こえるとしたら、それはトム・フーパー監督(『英国王のスピーチ』)が撮影現場で実際にアンが歌ったものを採用したからだろう。これは、後からあれこれ編集するという通常の手法とは大きく異なる。

『レ・ミゼラブル』の全米公開は2012年12月14日(日本公開は未定)。劇中写真はコチラからどうぞ。

『レ・ミゼラブル』の役作りのため、ショートカットにしたアン

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング