『ブライズメイズ...』とはまた違う!? K・ダンスト出演の結婚コメディー予告編が公開

AOLニュース / 2012年7月26日 16時30分

Filed under: ゴシップ, ムービー, celebrity-style, Isla Fisher, Kirsten Dunst, James Marsden, ビデオ

この春に日本でも公開された『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』。取りざたされていた続編は実現しないかもしれないが、少なくとも新たなブライダル・コメディー『バチェロレッテ/Bachelorette(※)』がある。

レスリー・ヘッドランドのオフ・ブロードウェーの戯曲をもとにした『バチェロレッテ』。ヘッドランドが劇場版でも監督と脚本を手がける。物語は、3人のイジワルな女性(演じるのはキルスティン・ダンスト、アイラ・フィッシャー、リジー・キャプラン)が、高校時代にあれこれ困らせていた太目の女性ベッキーの結婚式に招待されるところからスタート。お酒やドラッグまみれの一晩を過ごす3人は、ふざけてベッキーのウエディングドレスを破ってしまい、バレる前に何とかしようと奮闘する姿が描かれている。

『バチェロレッテ』予告編
<関連動画はこちら>

ベッキーを演じるのは、現在ハリウッドで引く手あまたの若手女優レベル・ウィルソン。彼女は『ブライズメイズ...』にも出演したほか、『glee』チックなコメディー『ピッチ・パーフェクト/Pitch Perfect』や、『glee』のクリス・コルファーが脚本&主演を務めた『ストラック・バイ・ライトニング/Struck by Lightning』と出演作が目白押しだ。その他の出演は、ジェームズ・マースデンやカイル・ボーンハイマー、アダム・スコット、アンドリュー・ラネルズら。

『バチェロレッテ』は今年1月のサンダンス映画祭で初お披露目され、評論家からは賛否両論が寄せられていた。全米公開は2012年9月7日。

※bacheloretteは未婚女性を、bachelorette partyは結婚する女性のために開かれる "独身お別れパーティー"を意味する

キルスティン・ダンストの歴史

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング