ディズニーがルーカスフィルムを買収...『スター・ウォーズ』第7作、2015年に公開!?

AOLニュース / 2012年10月31日 10時50分

この合併のフォースは強い。ウォルト・ディズニーは米時間30日、『スター・ウォーズ』などの制作で知られるルーカスフィルムを40億5000万ドル(約3240億円)で買収することで合意したと発表した。ほぼ半々の現金・株式による買収となる。それにともないディズニーは、2015年の公開を目標に『スター・ウォーズ』シリーズの第7作目を制作する計画があることも明かした。

合併を発表するコンファレンスコールの中でディズニーの幹部陣は、2015年にエピソード7を公開した後、エピソード8とエピソード9も公開したいと言及したという。理想的なシナリオでは、3部作を2〜3年おきに発表したいとのこと。

<発言を聞いていた、Hollywood.comの映画編集担当者のつぶやき>


ルーカスフィルムは脚本家・監督のジョージ・ルーカス(68)が創設した映画制作会社だが、ゲームやアニメなども多く提供し、多数のグループ企業がある。ルーカス監督は株式を100%保有しており、会長も務めている。

<The Hollywood Reporter>によれば、『スター・ウォーズ』シリーズ全6作のうち4作の指揮をとったルーカス監督はこのようなメッセージを発表した。

「 『スター・ウォーズ』を私から、新しい世代の映画製作者につなぐ時がやってきました。ずっと昔から『スター・ウォーズ』は私の人生よりも長く生き続けると信じて、生きている間に移行を計画するのが重要だと考えていたんです。」

「キャスリーン・ケネディ(Kathleen Kennedy)のリーダーシップのもと、ルーカスフィルムがディズニーの組織の中に新しく拠点を置いたことで、『スター・ウォーズ』は確実にこれからの世代にも生き続け、発展していくことと信じています。ディズニーの影響力と経験はルーカスフィルムに、映画やテレビ、双方向メディア、テーマパーク、ライブエンターテイメント、そして消費者製品の分野において、新境地を開いていくチャンスを与えてくれます。」


<『スター・ウォーズ』の将来を語るジョージ・ルーカスとキャスリーン・ケネディ。「引退」したいが完全にするわけではなく、ルーカス監督はキャスリーンにとって「ヨーダのような守護天使」的存在になるそう。『スター・ウォーズ』に、さらに長い寿命を与えるため検討した契約だと話している。>
<関連動画はこちら>キャスリーン・ケネディは現在ルーカスフィルムの共同会長だが、彼女が社長そして新しい『スター・ウォーズ』映画のエグゼクティブ・プロデューサーとなり、ルーカス監督は会長の座を退きクリエイティブ・コンサルタントとなる。

ディズニーの会長兼CEOであるロバート・アイガー(Robert Iger)によれば、今回の契約は「次3作の[スター・ウォーズ]映画の、広範囲で詳細に及ぶトリートメント(※)」に合意した上で成立したものだったという。(映画関係者の間では、「それは誰が書いたもの?ルーカス?」という質問・憶測が飛び交っている。)

ディズニーがこうしたギークに愛される知的財産を買収するのは初めてのことではない。2009年には、似たような額の40億ドルでマーベル・コミック(Marvel)を買収し、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、そしてマイティ・ソーなどのスーパーヒーロー達がディズニーのコントロールの下に置かれることになった。

<Variety>の記者、マーク・グレイサーによれば、今回の合併には『インディ・ジョーンズ』シリーズの権利も含まれているという。ルーカス監督は、マーベルのスーパーヒーロー達に起こったことを危惧して事細かなトリートメントを契約に含んだのだろうか!?

※トリートメント:映画やテレビドラマの製作において、主要場面の構成やカメラ位置などの概略をまとめたもの。粗筋がより詳しく書かれているが、完全な脚本ではない。

<@落ち込んでるダース・ベイダーのツイート:「ルーカスフィルムがディズニーに買収された...ミッキー耳は絶対につけないからな」>

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング