カースティ・アレイ、ジョン・トラヴォルタへの秘められた愛を激白

AOLニュース / 2012年11月6日 16時30分

1990年の映画『マージョリーの告白』や最近では芸能人のダンスバトル番組『Dancing with the Stars』でも知られる女優のカースティ・アレイが、衝撃的な告白をした。

カースティ・アレイ(左)とジョン・トラヴォルタ

カースティはベテランインタビュアー、バーバラ・ウォルターズとのインタビューで、1989年のコメディー映画『ベイビー・トーク』の共演者で長年の友人でもあるジョン・トラヴォルタが、自分の人生における"最高の恋人"だと語った。

彼女は『ベイビー...』の撮影中、ジョンに夢中になったと告白。だが当時は俳優のパーカー・スティーヴンソンと結婚していたため、自らの衝動を抑えていたそうだ。カースティは(結婚生活から)逃げ出してジョンとの結婚に走らないよう、かなりのエネルギーを要したとも話している。

ウォルターズからは、なぜ夫の元を去らなかったのかと質問が飛んだが、カースティは誰かと結婚したら(持続するために)努力しなければいけないと思っていたと回答。だが結局、カースティとスティーヴンソンは1997年に離婚してしまった。

一方、ジョンは1991年に女優のケリー・プレストンと結婚。2人の間には3人の子供が生まれた(うち長男のジェット君は2009年に亡くなり、昨年、次男のベンジャミン君が誕生した)。 実はお互いにサイエントロジー信者でもあるジョンとカースティ。そのおかげで、2人は長年親しい間柄にあるそうだ。

ジョンを"生涯の恋人"と語ったカースティ

『ベイビー・トーク』出演者のその後

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング