【インタビュー】まさに適役?お騒がせ俳優ニック・スタール『CUBE』監督作に出演

AOLニュース / 2012年11月9日 12時45分

【インタビュー】まさに適役?お騒がせ俳優ニック・スタール『CUBE』監督作に出演

12歳の時メル・ギブソンの『顔のない天使』に出演し、その後着々とキャリアを重ねて『ターミネーター3』のジョン・コナー役に大抜てきされたニック・スタール(32)。...と聞くと順調な人生のようだが、今年だけで妻娘と別居し、タクシー代未払いで逮捕され、そして2回行方不明になった彼は、お騒がせトラブルの数ではリンジー・ローハン(26)と張り合えるかもしれない。


ニックが女優のローズ・マーフィーと結婚したのは2009年。2人の間には娘が1人いるが、2012年1月から別居状態に。娘と面会するには「24時間以内にドラッグまたはアルコールを摂取したか検査し、シロの検査結果を出せる場合のみ」とローズ側から条件が出ているというから、影響下にある時の彼の不安定な精神状態がうかがえる。

今年の5月初めには、ジャンキーが多く犯罪多発エリアとして知られるロサンゼルスのスキッド・ロウで見かけられたのを最後に行方が分からなくなり、別居中の妻ローズから警察に捜索願が出された。何かトラブルに巻き込まれたのではと心配されたが、行方不明になってから10日後、ニックは何人かの友人に"非感情的で謝罪も試みない"と題されたメールを送り、「無事だ。1か月リハビリ施設に入るつもりだから」と伝えた。

しかしそれもつかの間、ニックは医師の指示に逆らってリハビリ施設を抜け出してしまう。そして友人宅で6月14日に目撃されたのを最後に、またしても失踪。再びローズは捜索願を出したが、<TMZ>によれば、1週間後の21日に彼女は「もう夫を必死で探すのは断念します」とそれを取り下げた。「彼は自分の家がどこなのか、ちゃんと分かっていますから。これが彼のため、私のため、そして娘のためになることです」とその時発言している。その後しばらくニュースはなかったが、7月末になって<TMZ>が「ニック・スタール、家族と和解...治療を再開」と報じている。家族と一緒に住んでいるわけではないが、友人宅に住み、連絡を常に取り合ってサポートグループを通じ治療を続けているとのこと。

まるでドラマか映画のようだが、こんなハチャメチャな展開があった直前にニック・スタールが撮影された映画が近々公開される。この新作映画『388』(サンハチハチ)は、『CUBE』や『スプライス』で知られる鬼才、ヴィンチェンゾ・ナタリが製作総指揮を務めたサスペンス・スリラー。しかもそのストーリーは、ニックのキャラクターが妻の失踪と、それと共にやってくる"見えない恐怖"に追い詰められ、精神を狂わせていくというもの。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング