ハリソン・フォードとハン・ソロの複雑な歴史

AOLニュース / 2012年11月14日 16時30分

ハリソン・フォードと、彼が『スター・ウォーズ(Star Wars、SW)』三部作で演じたハン・ソロという役の関係は...複雑だ。


ハリソンはたいていの場合、彼のもう1つの代表的な役、インディアナ・ジョーンズについては大抵オープンに話をしてくれるのだが、リポーターが"ソロ"の話題を持ち出すと、いらだちを見せる傾向がある。その証拠に、2010年のMTVとのインタビューでは、「もうあいつ(ハン・ソロ)とは終わったんだ」とまで言い放ったのだ。

しかし、それから2年後の今では、世界中が驚いた"『SW』第7作"の出演に"前向き"だと報じられている。果たしてハリソンは本気なのだろうか? またそうであれば、一体何が彼を変えたのだろうか? そこで<Huffington Post>では、ハリソンとハン・ソロの関係を振り返ってみた。

もしジョージ・ルーカスが自身の当初のビジョンに固執していたのなら、ハリソンの出演話からして出なかっただろう。監督には自身の初期の作品『アメリカン・グラフィティ』(1973年)のキャストを出演させたくないと思っていて、ハリソンもその1人だったからだ。

ハリソンは2010年、米ABCとのインタビューで、「キャラクターとして、僕はソロにあまり魅力を感じていなかった」とコメント。だが70年代後半では違った思いを抱いていた。当時の彼は売れない役者で、この役は彼にとって重要だったからだ。ハリソンは当時のことを、「2人目の子供が生まれたばかりで、大工として生計を立てようと役者をやめたんだ。僕は役者として成功してなかったからね」と振り返っている。しかしルーカス監督がハン・ソロ役に選んだのは、カート・ラッセルやクリストファー・ウォーケンといった有力な候補者ではなく、"面白いキャラだけど、嫌な奴にもなれる奴だ"と評価していたハリソンだった。そしてハリソンもまた、この役が自分の役者としてのキャリアアップにつながるだろうと思っていたのだ。

ハリソンが『SW』について語った、1977年のインタビュー
ハリソン「オープニングはすごいよ」
珍しく(?)出演できることをやや興奮気味に語っている
<関連動画はこちら>

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)でハリソンのキャリアが"爆発"することはなかった。だが少なくとも、『スター・ウォーズエピソード5/帝国の逆襲』(1980年)の撮影が始まる頃までは、ハリソンはハン・ソロを演じるのを楽しんでいるようにみえた。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング