カルバン・クラインの元彼、破局理由やマクドナルドでの出来事を激白

AOLニュース / 2012年12月11日 16時21分

カルバン・クラインの元恋人ニック・グルーバーが破局後初のインタビューに応じ、2人の関係について<Page Six magazine>赤裸々に語った。


22歳のニックは現在暴露本を執筆中だが、異性愛者だと噂されていたカルバン・クラインにとって彼が初めての同性の恋人だったことを告白。また別れた原因はカルバンの嫉妬にあるとした。ニックは、「なぜか僕は、みんなをとりこにしてしまうんだ。男女問わず僕に引かれてしまうのさ」と自分について説明している。

またニックは、カルバンは自分と付き合っている時に生まれて初めてマクドナルドのビックマックを食べたとしており、「カルバンはマクドナルドで、ビックマックをミディアムレアで食べたいって注文したんだよ。それで一口食べて、『何だこれは?』って顔をしていた。絶対に忘れないエピソードだね」と振り返っている。

尚、別れた理由はニックが浮気をしているとカルバンが疑ったことにあるとも告白。彼はウソ発見器にかけられたそうで、「そうしたことで、(2人の)状況は一時的に好転したけれど、付き合っている相手をウソ発見器にかけるなんてどうかしているだろ?」と説明している。

現在は48歳のジョン・ルチアーノと交際中というニック(ジョンは伝説のマフィア"ラッキー・ルチア-ノ"の姪または甥の息子にあたる)。ジョンもまたインタビューに応じ、「ニックとセックスをしようとパンツを脱がせると、元彼の名前(カルバンクライン)が真っ先に目に入ってくるんだ...(困惑)」と話していた。

インタビュー全文はコチラからどうぞ(英語)。

関連映像

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング