人前に出ることは多いけど...実は恥ずかしがり屋なセレブ

AOLニュース / 2012年12月20日 16時0分

人前に出ることは多いけど...実は恥ずかしがり屋なセレブ

スポットライトが苦手だと本能的に感じている人が、ハリウッド進出を狙っていると考えるのは難しいが、ハリウッドの中にはシャイなセレブがかなり多くいるようだ。


しかし、このようなセレブの内気な性格こそが彼らを今の地位にしたのだろう。人前に出れば、積極的な自分に変われるというわけだ。そしてキム・カーダシアンのような「目立ちたがり屋」のように思える人物でさえも、自分は内気だと告白している。

以下に自分は照れ屋だと告白しているセレブを取り上げた。

キム・カーダシアン
「私はクラブで踊れないようなシャイな女の子なの。1曲ならいいかもしれないけど、それ以上は無理。本当の私は恥ずかしがり屋でおとなしいし、みんなが思うようなお喋りな人間じゃないのよ」ジョニー・デップ
「僕は照れ屋だし、パラノイア(偏執狂)だよ。人からどう呼ばれても構わない。それに名声が大嫌いで、可能な限り全て避けてきた」

レディー・ガガ
「私はそんなに多くのアーティストに会っているわけじゃないの。実際はにかみ屋だし。知り合いと一緒のときはそこまでシャイじゃないけれど、知らない人と一緒のときはすごくシャイよ。ハリウッドでは常に気後れしてる。馴染めなかった高校時代みたいな感じね」

ブレイク・ライヴリー
「実はとても恥ずかしがり屋なの。秘密にしているから、誰にも言わないでね。でも演劇学校では少しだけ自分の殻を破ることができた。基本的にはシャイなんだけど、そういう部分を無くさなきゃいけない環境で育ったのよ」

アマンダ・セイフライド
「私の10代は少し変わっていたの。恥ずかしがり屋だったし、学校の演劇には出演しなかったわ。でも常に鏡の前に立って、クレア・デインズの真似をしていたのよ」

ロバート・パティンソン
「僕ははにかみ屋で、引きこもりがちで、自尊心なんて全くなかった。17歳の頃は人生最悪の時期の1つだね。自分の居場所を探し求めていたんだ。長年ある女の子のことを追っかけていたんだけど、僕は本当に内気だったから、結局彼女とは1度も話せなかった」

クリステン・スチュワート
「現実の世界での私はかなりシャイよ。インタビューもあまり居心地が良くないの。自分について話さなければいけないでしょ。でも自分のことを話すには、まず自分が何者かを知っていなければならないの」

キーラ・ナイトレイ
「パーティーでの私は、全然イケてない。いつも隅っこに座ってしまうの。隅っこで誰か1人とずっと話しているか、かなり酔っ払って踊っているかのどっちかね。いずれにせよ、私はパーティー向きじゃないってわけ」

関連映像

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング