女性が引き止められちゃう!終電間際で帰ろうとする女性を振り向かせる「ひと言」決定版

AOLニュース / 2013年3月22日 21時0分

女性が引き止められちゃう!終電間際で帰ろうとする女性を振り向かせる「ひと言」決定版

心優しいみなさん、こんばんは。女に振り回されない男になる講座の第2回は、「終電間際で帰ろうとする女性を引き止めるひと言」です。これを覚えて、いつもいい人どまりで終わってしまう自分を変えましょう。

一緒に飲みに行った女性が、「そろそろ終電だから」と帰ろうとしています。そんなとき、こんなふうに声をかけてみましょう。


■「これから(イケメン)くんたち合流する言うてんねんけど、もう帰んの?」

女性は「私が帰った後にみんなが盛り上がる」というシチュエーションを嫌がります。イケメンが来るならなおさら。本当にイケメンが来なくてもいいのです。「やっぱアカンくなったって」と言えばOK。己の魅力だけで勝負できない場合は他人の力も大いに借りましょう。■「電車しんどいやろ? タクシー代ぐらいワイが出したるで!」

終電間際の電車は混雑しますし、駅から自宅までヒールで歩くのはめんどくさいものです。女性に「タクシーで帰れるならそのほうがお得だわ」と思わせたが最後、帰りたくなっても「じゃ、お金ちょうだい」とは言い出しづらく、男性が財布を取り出すのを今か今かとうかがいながらずるずる飲み続けることに。お金がからむとあっという間に主従関係が成立してしまうのです。

■「お前に会うからこれだけ降ろして来たんやで。予算使い切るのに協力してや!」

こう言って財布を見せましょう。女性の脳裏に札束の映像が焼き付けばこっちのもの。「私に使ってくれるためのお金=私のお金」と脳が錯覚し、「お金を手放すのはもったいない=帰るのはもったいない」と思い込んでしまいます。損が嫌いな女性の習性をうまく活用しましょう。その予算は高いお酒に消えるか、ホテル代に使うはあなたのがんばりしだいです。

みなさん、しっかり覚えて使ってみてくださいね。次回の講座は「ふつうに謝っても許してくれないときの謝り方」です。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング