『千と千尋の神隠し』韓国語タイトル『千と千尋の行方不明』「拉致を連想させる」と話題に

AOLニュース / 2013年5月2日 17時5分

『千と千尋の神隠し』韓国語タイトル『千と千尋の行方不明』「拉致を連想させる」と話題に

スタジオジブリの代表作のひとつ、「千と千尋の神隠し」の韓国語タイトルが、面白いとネット上で話題になっている。

NNA.ASIAによると、たとえば「魔女の宅急便」の場合、「宅急便」という言葉がクロネコヤマトの商標であり、韓国では使用出来ないため「魔女配達婦キキ」という言葉があてがわれているとのこと。また、「千と千尋の神隠し」については「神隠し」という言葉が韓国にないため、最終的に採用されたのはなんと「千と千尋の行方不明」になったのだという。


このことはネットユーザーの中でもかなり話題になっているところ。

"安直すぎる""もっとほかに言葉がなかったのか"と、言葉選びのセンスを疑う声のほか、英題のように「Spirited Away」(神隠し)と直接対応する言語がある場合はいいが、対応する言葉がない場合は、フランス語タイトルのように「Le Voyage de Chihiro」(千尋の旅)のように違和感のない意訳を施すべき、という理論だったツッコミをする人がいる一方で、「行方不明」が「拉致問題」を容易に彷彿とさせてしまう単語であるため、なんとも皮肉的なタイトルだと深読みし、失笑するユーザーも多数発生している。


・参考リンク
スタジオジブリの代表作...(NNA.ASIA)
http://nna.jp/free/news/20130430krw001A.html  

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング