中国の航空会社、キャビンアテンダントがメイド服での機内サービスを開始!? 日本では

AOLニュース / 2013年5月8日 17時38分

中国の航空会社、キャビンアテンダントがメイド服での機内サービスを開始!? 日本では

中国の格安航空会社の「春秋航空」が、キャビンテンダントがメイド姿でサービスをすると発表して話題になっている。

オフィシャルサイトでは女性がメイド姿に、男性が執事風の制服を着用した写真が数枚紹介されており、上海虹橋空港出発の国内線の一部の便でランダムに導入されるということで、キャンペーンの一環、非告知のサプライズ演出となるようだ。
これに対してネットでは

「より親近感が沸き、空の旅が楽しくなる」
「春秋グッジョブ!」
「次は巫女さんやってくれ」

という期待の声がある一方で、

「フライトアテンダントは召使いではなく、彼らのプライドも傷付けるのはよくない」
「逆に不愉快になる」
「低俗すぎ」
「その前に遅延をどうにかしろ」

といった指摘があるなど、賛否両論。とはいえ話題になっているのは間違いない。ランダムにしたのは、便を決めてしまうとファンが殺到するから...だろうか。

日本の航空会社といえば、機体にポケモンなどのキャラクターや芸能人をプリントすることはあるが、萌え要素はまだ未着手。いや、"痛車"があるくらいだから、そのうち"痛飛行機"が登場してもおかしくない。いや、話がそれた。春秋航空のメイドさん、いかがだろうか?

・春秋航空
http://e.weibo.com/1647850037/zsS4d2RmG#1366778186549 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング