台湾発、ニュースをチープ過ぎる3DCGで再現した日本向けサイト登場 一見の価値有り

AOLニュース / 2013年6月11日 14時19分

台湾発、ニュースをチープ過ぎる3DCGで再現した日本向けサイト登場 一見の価値有り

ニュースが報じられる際、関係のある映像や画像がなければイラストや"再現映像"、"この画像はイメージです"といった言葉を添えた画像が使われるものだが、それを「3DCG」で再現したニュースサイトがある。

台湾のネクスト・メディア・アニメーションが提供する「TomoNews」。安倍政権がカジノ合法化に乗り出しているというニュースの映像では、安倍氏が金貨らしいものが描かれた旗を手に、3DCGになって登場。どこかコミカルに見えるが、音声は至って大真面目。日本のニュース番組で聞かれるようなアナウンサーの声である。

カテゴリは最新ニュースのほか、政治経済、事件、事故、エンタメ、国際、スポーツ、科学&医療、お笑いと幅広いが、「パンツかぶりスカートめくり」という本物の"事件"も何やらチープでコミカルな空気に...。


ディズニーランドで園内での動画撮影禁止など、規制強化のニュース。規制する強いミッキーをイメージしているのだろうが、いくらなんでも夢をぶち壊しすぎではないだろうか...。


ちなみに、「お笑い」カテゴリといえば芸人のニュースかと思いきや、「授業でAV流し大慌て 香川」「変態パンツ ブームは香り付き」「児ポ法改正へ 創作も対象に?」「童貞よ胸を張れ ブーム到来か」が何故か「お笑い」カテゴリに。すべて元々は実際に日本でも報じられた流行や現象、あるいは時事ネタなのだが、お笑いにカテゴライズされるのは一見にしかず。吹っ切れすぎていて一度見る価値有り。何故か癖になって関連ニュースも見てしまうこと、請け合いである。


【参照リンク】
・tomonews
http://www.tomonews.net/ 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング