【動画】NBAファイナル2013がスラムダンク級に感動すると話題 レブロンはあきらめの悪い男

AOLニュース / 2013年6月21日 17時5分

【動画】NBAファイナル2013がスラムダンク級に感動すると話題 レブロンはあきらめの悪い男


NBAファイナル第6戦、マイアミ・ヒートVSサンアントニオ・スパーズで奇跡が起こった。"キング"ことレブロン・ジェームスが、自身のトレードマークであるヘッドバンドが試合中に外れたのをきっかけに覚醒、それがチーム全体に伝播し試合をひっくり返してしまったのだ。


スパーズが3勝2敗としてリードして迎えた第6戦、残り30秒を切ったところでスパーズの優勝は確実といった雰囲気だったが、先述したレブロンの覚醒から、レイ・アレンによる鳥肌モノの3ポイントシュートなどでヒートがタイに持ち込むことに成功、オーバータイムで見事試合をひっくり返してみせたのだ! これで3勝3敗となった両チームは今朝、王者を決定する第7戦に挑むこととなった。

まったく、こんなマンガのようなことが本当に起きるのか!? と、試合を見守っていたNBAファンたちの感動が爆発。ネット上でも大いに盛り上がったが、話題の中心はやはりヘッドバンドから開放されたかのような活躍を見せたレブロンだった。

このヘッドバンド、ゲーム終盤でダンクを決めたときに外れてしまったのだが、その後のフィーバーっぷりを目にしたファンから「重い甲羅はずした悟空か」「(ヘッドバンドが無いと)違和感ハンパない」なんてツッコミも。当のレブロンは「俺は13歳のときからヘッドバンドをつけている。もうこれは俺の一部だ」とまで言っていたようだが、今回に限っては功を奏したようだ。

早くも編集された第6戦のドキュメント的な動画。感動必至!
<関連動画はこちら>

こんなドラマチックな展開に、やはりネット上でも感動のコメントが続出。

「NBAファイナルスゲぇ。スポーツテレビで見て始めて涙出た」
「今年のNBAファイナルここ十年で最高の試合だと思う。感動の嵐」
「ヒートvsスパーズの試合は信じられないゲームだった。ここ何年か、もしくは十数年の中で1番白熱した試合だと思う」

そして! レブロンは本日10:00から行われた第7戦では再びヘッドバンドを装着して出場、6戦に劣らぬ激戦の末にヒートがスパーズを95-88で下した。では優勝が決まった感動の瞬間をどうぞ。

<関連動画はこちら>


【参照リンク】
・とんでもねぇ試合展開で最終戦突入が決定したNBAファイナル第6戦

AOLニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング