高橋真麻アナ 開き直りが高評価!「ネット上で(●●)と書かれているのも知っている」

AOLニュース / 2013年7月17日 18時46分

高橋真麻アナ 開き直りが高評価!「ネット上で(●●)と書かれているのも知っている」

今年3月末、「アナウンサーという枠を超え、より幅広く仕事をしていきたいという思いが強くなった」としてフジテレビを退社した高橋真麻アナウンサー(31)が、宣言通りテレビ番組に出まくっている。


(画像:高橋真麻オフィシャルブログ)
フリーになる女子アナといえば、仕事量をコントロールしたくてフリーになる人が多いが、高橋は積極的に露出をはかり、バラエティ番組で歌を歌うなど自由奔放。17日には、バラエティトーク番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に"全力トリオ"として、AKB川栄李奈、北斗晶とともに出演した。

そこで、今自分がハマっているものとしてインターネットを挙げた高橋。これまでにも他の番組などでネットショッピングにはまったり、自分の名前をエゴサーチしていることを告白していたが、この日は自分の鼻の穴が上向いていることがコンプレックスで、ネット上では「(●●)と書かれている」ことも知っていることを明かした。番組では、高橋が生まれたばかりの頃の写真が公開され、確かに鼻の穴が上を向いていることが"証明"されるという演出もおこなわれ、高橋は、「もういいんです 鼻フックって呼んでください!!」と開き直った様子をみせた。

さらに高橋は、ネット上で、このこと(高橋が(●●)と書かれているのを知っていること)も今頃書かれていると発言し、司会のフットボール・後藤から「どんだけネットやってるんですか」と突っ込まれるほど。そのとき2ちゃんねるの実況板では、

「凄いメンタルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「ちょwww本人知ってるwww( ・ω・ )」
「知ってるのかよwwwwwwwwwwwwww」

などと驚いた声のほか、

「このスレもまーさに監視されていまし(´・ω・`)」
「イエーイ。マーサ見てルゥ~?」

と、高橋に"挨拶"するユーザーも。その他、

「わかってるなー」
「まーさおもしろいしかわいいし品があるし最強だな」
「マーサは本物や・・」

と、一時はバッシングを受けたこともあるという高橋が、自身について言われていることを受け入れ、ネタとして昇華させた姿勢をみせたことで、一気にネットユーザーたちの評価が高くなっている。

ネットでの自身に関係する評は、凹むから絶対に見ないという芸能人や、ついついSNSなどで相手をして炎上させてしまう芸能人もいるものだが、逐一チェックしているという高橋。今、70キロを超えていた少女時代の写真を公開したり、ファーストキスが現在の交際相手であることなどを赤裸々に話したりなど、その"突き抜け感"は気持ちがいいほどで、ネットでも脱帽する声が続出しているのだ。

そういえば同番組で、パンを「一斤」と数えることを最近知ったと告白した"おバカキャラ"の川栄も「どうせ(自分のことを)ネットでバカとか書かれてる...」とコメント。その他最近では、デビュー曲MVのYouTubeコメント欄で、批判が殺到した女優・剛力彩芽も、ネガティブなことを言われてもパワーに変えるとコメントしていたように、ネットで自分のことを調べ、ネガティブなことでも前向きな力に変えるのは若者の特徴か――。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング