ウィキリークス創始者を描く問題作『The Fifth Estate』 カンバーバッチ似すぎ・・・

AOLニュース / 2013年7月20日 23時55分

ウィキリークス創始者を描く問題作『The Fifth Estate』 カンバーバッチ似すぎ・・・


イギリス発の人気ドラマ『シャーロック』で現代版シャーロック・ホームズを演じ世界的大ブレイクを果たした俳優ベネディクト・カンバーバッチが、Wikileaksの創設者ジュリアン・アサンジを演じる話題のサスペンスドラマ『The Fifth Estate(原題)』の海外版予告編が公開されている。


カンバーバッチは『シャーロック』の時とはまったく違う、ボブストレート&ホワイトグレーの髪型で、実在のカリスマをなりきり熱演。約2分半の予告編からだけでも、そのサスペンスフルな迫力がひしひしと伝わってくる。ベネ様ファンならずとも、絶対に観たくなる仕上がりだ。

監督は、『ドリームガールズ』、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1&Part2』などを手掛けたビル・コンドン。監督はこの映画を撮るにあたり、「実際の出来事を描き、なおかつすばらしい作品となった映画に共通して言えることは、登場人物の公私の間に大きな分け目がない、ということだ。だからこの映画を作る際にも、ジュリアン・アサンジという人物を理解したいと思った。彼を深く知ることで、彼の偉業と過ちの両方を理解する助けになると考えたんだ」と語っている。

共演には、映画の原作ともなった「ウィキリークスの内幕」を執筆したWikiLeaks元スポークスマンのダニエル・ドムシャイトベルク役に、ドイツ人若手俳優ダニエル・ブリュール、スタンリー・トゥッチ、ローラ・リニーら演技派俳優らが脇を固める。

<関連動画はこちら>

『The Fifth Estate』は全米で2013年10月公開

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング