KANA-BOON、ROCK IN JAPANでメジャー・デビュー発表

AOLニュース / 2013年8月5日 17時15分

KANA-BOON、ROCK IN JAPANでメジャー・デビュー発表

大阪・堺発の4人組ロック・バンドKANA-BOONが、週末に出演した「ROCK IN JAPAN FES. 2013」にてメジャー・デビューを発表した。彼らは、4月に初の全国流通盤「僕がCDを出したら」をリリースした後、破竹の勢いでロックシーンを駆け抜け、この夏は各地の夏フェスに引っ張りダコとなっている。

開演前に早々と入場規制がかかり、観客エリア外にも人が溢れかえるほどの人気ぶりを見せたKANA-BOON。観客の期待に応えた熱いライブを披露した後、Vo.谷口鮪はMCで「いつか絶対、僕らはいちばんでっかいステージに立ちますから。ここにいる全員、連れて行きますので」と宣言。「そしてもうひとつ、大きな夢が叶います。僕らKANA-BOON、9月25日にメジャー・デビューします」と谷口が告げると、会場は割れんばかりの歓声に包まれる。鳴り止まない拍手の中、ステージ上で4人は深々と頭を下げていた。

デビュー曲のタイトルは「盛者必衰の理、お断り」(読み:ジョウシャヒッスイノコトワリ、オコトワリ)。「平家物語」や「寿限無」といった古典の一節を大胆に引用した歌詞が印象的なKANA-BOONらしいアッパー・チューンになっている。さらには、10月30日(水)に早くも1stフル・アルバムをリリースすることが決定しているKANA-BOON。新たな一歩を踏み出した彼らの今後に期待したい。

【参照リンク】
・KANA-BOON オフィシャル・サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング