【動画】人気ゲームの隠れたセクシーイベントBEST5

AOLニュース / 2013年8月8日 22時35分

【動画】人気ゲームの隠れたセクシーイベントBEST5


<zoomin T.V.>が紹介する隠れセクシーシーン。ゲームの隠しイベントで"お色気シーン"があったりすると、妙にエロい気分になるのはファミコン時代(ドラクエの"ぱふぱふ"とか)から続く伝統だが、海外でもそれは同じようで...。


<関連動画はこちら>

「メタルギア・ソリッド4」(2008年)
まず最初は日本製のこちら。女性ボスのアーマーが取れてしまうまで攻撃した結果、倒さないでおくと全く違う部屋にトランスポートされ、写真撮影のためにポージングしてくれたり、アイドルっぽいダンスを披露してくれたりする。敵の女性ボスにそこまで許しを乞われるんだから、もうこちらの"ドS"ゲージはMAXだ!

「Shadow Warrior」(1997年)
いわゆるDOOM系の主観シューティングゲーム(FPS)。かなりいかがわしい設定のゲームを多く手がけるスタッフによる作品だけあって、なんの脈絡もなく美少女アニメキャラ(セーラームーン...?)が登場する。当時のゲーマーにとってはこの程度のセクシーシーンでも貴重だったのだろう、なんだか切ない気持ちになる裏ワザだ。

「SiN」(1998年)
こちらは近未来を舞台にしたFPSゲーム。ゲームのメインボスキャラの女がお風呂シーンに遭遇することができる...とのことだが、ビジュアルがショボいのでエロさも皆無。ちなみに同ゲームは2000年にOVA化された、日本のメディアミックス作品「Cyber City OEDO 808」(PCエンジンCD-ROM2)のようなゲームである。

「ゴッド・オブ・ウォー」(2005年)
同ゲームでは"うまいことする"と、女性キャラ2人とエロいことができるらしい! とゲーマーたちを驚かせたが、さらに驚いたのはこのシーン自体が1分程度ということ。

「グランド・セフト・オート:サンアンドレアス」(2004年)
同作のプログラマーたちによる隠しエロシーンがハッカーたちに暴かれ、さらに全世界に公開されてしまったことによって規制が厳しくなり、その後エロい裏ワザを難しくしてしまった...といういわくつきのゲーム。かなり直接的なエロシーンなので検閲対象になるのも無理はないが、これがきっかけで秘密のお楽しみが半減したのかと思うと複雑である。ただしゲーム自体は超名作なので一度お試しあれ。

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング