オトナ向け海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』はセクシー美女が多すぎると話題

AOLニュース / 2013年8月26日 12時2分

オトナ向け海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』はセクシー美女が多すぎると話題


日本でもこの7月からスターチャンネルにてシーズン2が放送スタートしている超スペクタクルアクション巨編『ゲーム・オブ・スローンズ』。過激なバイオレンス&セックス描写満載の大人のためのファンタジー大河ドラマで、既にシーズン4の製作も決まっている人気シリーズだが、権力の裏側には常に美女あり!ということで、わんさか出てくるセクシーすぎる美女キャラを見てみよう。


まずは第5位から。5位は、ターガリエン家の王女デナーリスの侍女で、元娼婦のドリア。ドリアはデナーリスにベッドでの夫の喜ばせ方を教えるために雇われたというなんともあからさまな設定だが、メインキャストでないのに5位に食い込んでくるとはよっぽどフェロモンを放出しているのだろうか。演じるのはモデル出身の女優ロクサンヌ・マッケイ。

第4位は、物語の中核を担う役どころ=ラニスター家出身で七王国の王ロバートの妻サーセイ。彼女自身、いろいろと表に出せないプライベート事情があり、そこらへんがシーズンを追うごとにどんどん面白くなっていくのだが、ここではネタバレになるので敢えて触れないでおこう。演じるのは、TVシリーズ『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』でタイトルロールのサラ・コナーを演じブレイクした英女優レナ・ヘディ。本作ではもうとにかく妖艶です!

3位は、"壁"より北側に住む野人のイグリッテ。シーズン2から登場する燃えるような強い意志を持つ美女で、今後エダードの落とし子ジョン・スノウと絡んでいく模様。演じるのはスコットランド出身のローズ・レスリー。

第2位は、タイレル家の長女で、バラシオン家の三男レンリーに政略結婚で嫁いだマージェリー。こちらもシーズン2からの登場で、女王になるためにしたたかな一面を見せるなど、物語を動かすキーパーソンとなりそうだ。演じるナタリー・ドーマーはコスチュームものはお手のもの。ドロドロ史実ドラマ『THE TUDORS~背徳の王冠~』でのアン・ブーリン役などでも知られる。

栄えある1位は、きっとこのドラマを見たことない人でも、そのビジュアルはどこかで見たことがあるかも・・・真っ白な肌に流れるようなプラチナブロンドが畏怖の念さえ抱かせるターガリエン家の王女デナーリスとなった。ある意味、みんな納得の盤石の結果ではないだろうか。演じる英女優エミリア・クラークはデナーリス役で人気&知名度ともに急上昇、昨年末に発表された「世界で最も美しい女性100人」でも1位に輝くなど大ブレイク中だ。

これを観たら絶対本編が観たくなる!『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1予告編
<関連動画はこちら>
【参照リンク】

AOLニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング