フルマラソンを2時間40分で走る! アスリート系社長の語る「持続力」の仕事術

AOLニュース / 2013年9月6日 19時10分

フルマラソンを2時間40分で走る! アスリート系社長の語る「持続力」の仕事術


今回お話を伺ったのは、書籍の文章を吹き込んだ音声コンテンツを耳で聴いて楽しむ「オーディオブック」の制作・配信を手がけるオトバンク社の久保田裕也社長。
2004年の会社立ち上げ以来、オーディオブック配信サイト「FeBe」の登録人数が10万人を超え、制服姿のキャラクターが国内外の名作を読み上げてくれるiPhoneアプリ「朗読少女」が100万ダウンロードを記録するなど、日本では馴染みの無かったオーディオブックを着実に浸透させつつある久保田社長の仕事術について、じっくり聞いてみました。


―そもそもこのオトバンクという会社はどうやってスタートしたんですか?

弊社の創業者である上田渉(現会長)が、「目の見えない人のための朗読CDを無償配布するNPO法人を作ろう」と言い出したのがきっかけです。当時日本ではオーディオブックはほとんど普及していませんでしたが、調べてみると、海外では大きな市場になっていることが分かりました。それこそ『ハリー・ポッター』や、ビル・クリントン元大統領の『マイライフ』のようなベストセラー本がオーディオブック化され、大ヒット商品となっていたんです。

そこで、オトバンクをNPO法人としてではなく株式会社として立ち上げ、日本にオーディオブックの市場をしっかり作ることで、より多くの人にたくさんの作品を提供することができると考えるようになりました。

上田はいわゆる「アイディアマン」タイプで、誰もが思いつかなかったような発想をポンポン出してくるのですが、経理や経営などの実務的な面は苦手としていました。逆に私は、昔からラジオが好きで、パーソナリティを裏から支える「放送作家」という仕事に憧れていたんです。なので、上田が出すアイディアを企画に落としこみ、チームを編成して、ビジネスとして立ち上げる、という作業が肌に合っていたのでしょう。

―「オーディオブック」という市場にベンチャー企業が挑むにあたって、苦労した点はありますか?

最初に苦労したのは、コンテンツの権利元である出版社と関係を作ることでした。ウチは学生の集まりからスタートした会社なので、出版社出身の人間が一人もいません。だから、良く言えば「出版業界の色にまったく染まっていない」状態から、ひとつひとつ仕事を積み上げていって信頼関係を築いて行くしかありませんでした。

そこで最初に手がけたのが、出版社の垣根を越えて注目の新刊書籍を紹介する「新刊JP」というウェブサイトです。作家や編集者のみなさんと緊密にコミュニケーションを取りながら、広告実績を積み重ねていくことで、少しずつ関係を構築することができました。このサイトでは書籍の読みどころを15分くらいにまとめたラジオ番組を配信していたのですが、これが評判になり、次第に出版社が音声コンテンツを制作する際に、先方から声をかけていただけるまでになりました。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング