クリスチャン・ベールが連続殺人鬼に扮した衝撃映画『アメリカン・サイコ』がドラマ化

AOLニュース / 2013年9月11日 13時9分

クリスチャン・ベールが連続殺人鬼に扮した衝撃映画『アメリカン・サイコ』がドラマ化


クリスチャン・ベールが昼は投資銀行の若きヴァイスプレジデント、夜は連続殺人鬼という二つの顔をもつ恐るべきエリート=パトリック・ベイトマンを演じ話題となった映画『アメリカン・サイコ』(00)のその後の話がドラマシリーズ化されるようだ。


1991年に出版されたブレット・イーストン・エリスの同名小説を映画化し、世界で3400万ドル(約34億円)を稼ぎ出した『アメリカン・サイコ』。ドラマ版では、今や50歳を過ぎた中年となった主人公パトリック・ベイトマンと、彼の若き後継者=次世代の"アメリカン・サイコ"を描く、またも殺人にまみれた物語が展開されそうだ。

ここ数年、米ドラマ界では連続殺人鬼ものが大流行の傾向を見せている。日本でも人気の『デクスター』(アメリカでは今月シーズンフィナーレ最終話が放送)や、映画『羊たちの沈黙』で世に出た天才殺人鬼レクター博士ことハンニバル・レクターを主人公に描いた『ハンニバル』は第2シーズンの製作が決定、またヒッチコック監督の『サイコ』の前章を描いた『Bates Motel(原題)』も来年第2シーズンがスタートする。

2000年の映画『アメリカン・サイコ』日本版予告編
<関連動画はこちら>
(moviefone)

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング