奥田民生、約1000日ぶりのオリジナル・ALを11月リリース

AOLニュース / 2013年9月27日 17時55分

奥田民生、約1000日ぶりのオリジナル・ALを11月リリース

9月に待望のニューシングル「風は西から」をリリースし、10月から全国ツアーを敢行する奥田民生。そんな彼が、約1000日振りとなるオリジナル・アルバム『O.T. Come Home』を11月27日(水)にリリースすることが明らかになった。


『O.T. Come Home』は、都心の喧騒から離れ、ゆったりとした空気の流れる土地に立地するスタジオに腰を据え、数々のヴィンテージ機材をふんだんに使用して制作されたアルバム。「拳を天につき上げろ」「風は西から」を含む全13曲が収録されているのだが、この全てを奥田民生が1人で演奏/レコーディングして完成させたのだ。
ライブハウスにて1人で全ての楽器を演奏しレコーディングするというレコーディングライブツアー「奥田民生ひとりカンタビレ」を敢行し、そのツアーで制作した楽曲をまとめたアルバム『OTRL』をリリース。さらにシングル「風は西から」の限定盤では演奏した全ての楽器のMIX前データをCD-ROMに収録するなど数々の画期的な試みをしてきた奥田だが、全楽器を演奏し1人だけで楽曲を作るというスタイルでオリジナル・アルバムを制作するのは今回が初めてとなる。

初回生産限定盤はプレミアムBIGジャケット仕様。Limited Editionバックステージパスやギターピック、完全撮り下ろし写真10枚などがついた超豪華仕様となっている。さらに初回特典DVDには、今年行われた「JOIN ALIVE 2013」のライブ映像、「拳を天につき上げろ」のMVも収録される。

また、今夜放送されるテレビ朝日『ミュージックステーション3H SP』では、新曲「風は西から」と、そのカップリング曲として収録されている「歌うたいのバラッド」を斉藤和義と共にTV初披露する。

【参照リンク】
・奥田民生 オフィシャル・サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング