【動画】世界レベルの命知らずな男が見せる! 地獄の250メートル綱渡り

AOLニュース / 2013年10月2日 15時3分

【動画】世界レベルの命知らずな男が見せる! 地獄の250メートル綱渡り


25歳の命知らずなオーストリア人アスリート、ミッチ・ケミターさんが、スラックライン(綱渡り)の世界記録を打ち立てた動画が驚異的と話題になっている。


スラックライン(slackline)と呼ばれるこの競技、要は綱渡りなのだがどんな綱でもいいわけではない。専用のベルト状をした綱が売られており、この綱をピンと張るか緩く貼るかでも違うし、渡った距離を競うもの、高さを競うもの、さらにジャンプや宙返りなど技を競うものといろいろある。

今回ケミターさんが挑戦したのは水上に張った綱の上を歩き、その距離を競うウォーターライン。オーストリア、トラゲスにあるグリーン湖上に綱を張り、端から端まで19分かけて計250メートルを歩き切ったケミターさん。20日間失敗を繰り返しようやく成功したそうだ。昨年同じ場所で作った世界記録220メートルを自ら更新したかたちとなった。

19分間もこんな細い綱の上にいられること自体が驚異!
<関連動画はこちら>

ケミターさんはこれまで世界中のいたるところでこのスラックラインやベースジャンプ(断崖など高い場所からパラシュートを使って降下する危険スポーツ)を敢行し、世界でも有数の命知らずとして知られている。

こちらはヨセミテでのスラックライン。ケミターさんの目線が追体験できるカメラ位置で、スリル感半端ない。
<関連動画はこちら>

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング