Wi2とアクセンチュアが共同開発した新たなO2Oサービスの提供を開始

AOLニュース / 2013年11月7日 10時25分

Wi2とアクセンチュアが共同開発した新たなO2Oサービスの提供を開始


無線LANによるブロードバンドアクセス事業を行う株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)と、経営コンサルティングを主業務とするアクセンチュア株式会社が、新たなサービスを共同で開始することを発表した。


このたび開発されたのは、Wi2による「Wi-Fiアクセスポイントから収集された位置情報」と、アクセンチュアによる「ビッグデータ分析技術」を組み合わせ、位置情報を使用した新たな"O2O"ソリューションを生み出すサービス基盤。

全国20数万ヶ所以上の公衆Wi-Fiアクセンスポイントを展開しているWi2が、そこから得られるビッグデータをアナリティクス関連ビジネスに強いアクセンチュアの分析技術と合わせることにより、それらを活用し新たな業界向けのサービス基盤を開発/提供していくようだ。

例えば、ユーザー企業が経営する店舗(例:コンビニ等)に来店した顧客の過去の行動パターンを分析し、付近にいる顧客にキャンペーンやクーポン情報を配信して利用を促したり、顧客満足/売り上げ向上に役立てるなど、その活用例は多岐にわたる。



また、位置関係の統計情報と時間帯の情報を加えることにより、勤務地と住宅を類推。その統計地を軸にして(勤務地ではビールでなくコーヒーを勧めるなど)、適切なタイミングで適切なコンテンツを提供することも可能になるようだ。

なお、気になる個人情報の取り扱いだが、パーソナルデータ(個人情報保護法の遵守を前提に取得した情報のうち、性別、年齢層や趣味嗜好などによって分類された、個人を特定することを目的としない情報の総称)は当該アプリの利用許諾に同意した場合のみに取得され、あくまで個人が特定できない形式で利用するという。

そして、「複数のユーザー企業の製品/サービスにおける利用者情報を相互に利用することで大きな効果と価値を提供しながら、センシティブなデータ(個人情報)を扱うにあたって顧客に不安を与えないよう注意しつつ、相互送客を目指す」「ユーザー企業側だけでなく、(製品情報などの)"気づき"を提供していくことで情報の提供元となる顧客に対しても意思決定精度の向上を目指す」と今後の展望を述べた。

【参照リンク】
・「ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)」公式サイト
http://wi2.co.jp/
・「アクセンチュア」公式サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング