中国の超エリート校のミスキャンが大荒れ セクシー派vs.清純派で真っ二つに

AOLニュース / 2013年11月28日 10時11分

中国の超エリート校のミスキャンが大荒れ セクシー派vs.清純派で真っ二つに


中国で3本の指に入るといわれる超エリート校、復旦大学。さぞ勉強熱心で真面目な秀才たちの集まりかと思ったら、近頃、同大学の「ミス・キャンパス」が、セクシーすぎると話題になっているのだ。


そのセクシーさで評判を呼んでいるのは、同大学でアナウンスを学ぶ龔葉軒さん。蘇州出身の21歳で、2012年7月に、中国最大のゲームショー「ChinaJoy」にコンパニオンとして参加したことから注目を集めた。今では「復旦大学のミス・キャンパス」と呼ばれ、ゲーム好きのオタクたちからも絶大な人気を誇っているという。

<関連動画はこちら>
そんな彼女が中国全土のネットユーザーたちに知られることになったきっかけは、中国版Twitter、微博(ウェイボー)で公開された自撮り写真の数々。その多くが肌を露出し、こぼれ落ちそうな胸元を強調した、グラビアアイドルのような写真ばかりだ。
これまでのミス・キャンパスのイメージを覆すセクシーショットが話題を呼び、彼女は今やネットユーザーたちの格好の餌食となっている。

ウェイボーや各ニュースサイトの掲示板には、既に何千ものコメントが寄せられ、
「胸が大きければミス・キャンパスになれるのか?」
「一目ですぐに整形とわかる」
「胸にしか目が行かない」
と、ネットユーザーたちは口々に彼女を評価している。

中には、辛辣な意見も集っているが、
「嫌いじゃないけどな」
「個人の行為は人がとやかく言うものではない」
などの意見も散見される。

また、「これが復旦の清純なミス・キャンパス(http://blog.sina.com.cn/s/blog_51130d4a0101dvi6.html)だ」と、別の女子学生を推す声も出てくるなど、騒ぎは拡大する一方で、この論争はしばらく留まりそうもない。

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング