A級グルメ「ボートレース桐生」のビーフシチューを食べた!「街一番の洋食店」レベル

AOLニュース / 2013年12月5日 12時17分

A級グルメ「ボートレース桐生」のビーフシチューを食べた!「街一番の洋食店」レベル


担当編集から「うまいビーフシチューがあるんですけど、食べに行きませんか?」との誘いがあった。
当サイトで連載中の、ボートレース場グルメの企画である。
いままで、「モツ煮」(http://news.aol.jp/2013/08/25/boat-race/)、「牛炊」(http://news.aol.jp/2013/09/04/boat-race/)、「カツ煮」(http://news.aol.jp/2013/10/17/toda/)と紹介してきたが、次は「ビーフシチュー」。
前3回はいわゆる「B級グルメ」の範疇(はんちゅう)だったが、今回はついにA級グルメ、洋食界の帝王の登場である。


ビーフシチューを食べに向かった先は群馬県みどり市にある「ボートレース桐生」。
美しい水面(ボートが走るコースのこと)が有名で、関東では唯一のナイトレースを行っているレース場だ。

<マスコットの「ドラキリュウ」がお出迎え。>



<薄暮のボートレース桐生。照明が入って幻想的>

美しい水面もさることながら、ここボートレース桐生は場内の施設も、デザインが凝っていていい感じである。




どこぞのテーマパークにも負けないようなしゃれた空間で、ここがボートレース場であることを忘れてしまいそうだ。
(ちなみにここ桐生ボートレースでは、スタッフのことを「キャスト」、客を「ゲスト」と呼んでいる)


子供があそぶキッズスペースも、広くて清潔感たっぷり。家族連れで来ても楽しめそうだ(僕には家族はいないけど)。

そして、ボートレース桐生には「キャッシュレス投票会員」というのがある。
これは独自の電子マネーICカードを利用したシステムで、インフォメーションカウンターで無料の「ドラキリュウカード」を発行してもらえばすぐに利用できる。



あらかじめATMのような機械でチャージすれば、あとはキャッシュレスでレースが楽しめるのだ。


投票の際は、専用の投票機にカードをかざし、マークシートを読み込ませるだけ。



このように、投票券ではなく明細書の発行となるため、券を紛失して払戻金が受け取れないという、悪夢のようなトラブルからも解放される便利なシステムだ(もちろんドラキリュウカードは無くさないよう注意しなければならないが)。

ボートレース桐生は、有料席も充実している。
200円の有料自由席から8000円のエグゼクティブシート(6人用)まで、いろいろ用意されているのだが、なかでも畳敷きの「わいわいシート」(6人用2000円)や「アクアシート」(6人用4000円)が人気だという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング