【ジャニーズ定期速報】Hey!Say!JUMP新曲『Ride With Me』から考えるジャニーズドラマ主題歌名曲選

AOLニュース / 2014年1月16日 12時0分

【ジャニーズ定期速報】Hey!Say!JUMP新曲『Ride With Me』から考えるジャニーズドラマ主題歌名曲選


今年2014年でデビューから早8年目となる「Hey! Say! JUMP」。昨年末に彼らが発売したシングル『Ride With Me』は、平均年齢が20歳を超えた同グループの新たな方向性を予感させる快作EDMナンバーだ。


昨今、EXILE系グループやももいろクローバーZ、モーニング娘。といった女性アイドルグループも手を伸ばし、着々と日本でも浸透してきている最先端ダンスサウンド「EDM」。アメリカでは、一時はEDMチューンがチャート上位を独占するほどの人気となっていたが、数多リリースされた本場のEDMチューンの中で、日本の男性グループが色濃く影響を受けていると思われるのは、アジア系アメリカ人4人による人気グループ「Far East Movement」のサウンドだ。

シンプルかつ緊張感のあるリフのイントロで始まり、それが徐々にトーンを上げ、序盤から最高潮の盛り上がりポイントを迎えるという特徴の曲が多い彼らのスタイル。今作『Ride With Me』もそのような作りとなっており、ジャニーズでは珍しい(?)ピッタリと揃った9人のダンスとド派手なサウンドが重なることで大きな迫力をもたらす1曲だ。

制作陣には、日本では早くからEDMサウンドに取り組んでいた「m-flo」のTaku Takahashiが入っており、これまで(良い意味で)前時代的なディスコサウンド調の名曲を数々生み出してきたジャニーズと最新のクラブサウンドが見事に融合しているという点でも注目したいところである。

ところで、この曲で最も注目したいのはイントロだ。非常にミステリアスな電子ピアノ音で始まるのだが、同曲はメンバーの山田涼介と有岡大貴が出演した1月4日放送のスペシャルドラマ『金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件』(日本テレビ系)の主題歌。"金田一少年"といえば、日本を代表するミステリードラマシリーズのひとつとあって、同作の主題歌という"発注"を踏まえたうえでEDMサウンドにミステリアスな要素を含ませた制作陣の手腕は見事なものだ。

この"金田一少年"の例を挙げるまでもなく、ジャニーズタレントの主演ドラマにおいて、そのタレントが所属するグループの楽曲が主題歌として使われるのはもはや定番。今回は、これまでジャニーズタレント主演ドラマで使われた主題歌の中で、特にドラマの世界観とマッチし、ドラマと曲双方に相乗効果をもたらした例を3つ紹介したいと思う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング