映画『ラッシュ/プライドと友情』天才レーサー二人から学ぶオトコの仕事術

AOLニュース / 2014年1月16日 22時0分

映画『ラッシュ/プライドと友情』天才レーサー二人から学ぶオトコの仕事術


F1史に永遠に刻まれる1976年のジェームス・ハントとニキ・ラウダという二人の天才レーサーの壮絶な闘いを描いた超絶感動映画『ラッシュ/プライドと友情』。
アカデミー賞監督ロン・ハワードがメガホンを取り、ゴールデングローブなど賞レースの主要部門にノミネートされるなど日本公開を間近にますます話題を呼んでいる作品だが、今回はジェームス・ハント、ニキ・ラウダという全てを賭けて闘う正反対のライバル二人から、燃える漢の仕事術を学びたい。


1973年〜1979年のF1グランプリで活躍したジェームス・ハントは、女と酒と自由を愛し、瞬間燃焼の人生をおくったレーサー。二日酔いのままテストドライブに参加し操縦席で寝た、表彰式にはジーンズとサンダルで現れたなど、数々の豪快なエピソードを残す破天荒キャラだ。しかし、ひとたびマシンに乗り込めば、野性的とも言える直感で、初めて乗るマシンでもとんでもないタイムを叩き出すまさに「天才」。
プレイボーイとしても有名で、一説には生涯で5000人以上の女性と寝たと言われている。劇中でもケガして運び込まれた病院でナースと・・・、移動中の飛行機で客室乗務員と・・・、さらに最初の嫁はスーパーモデル・・・、生涯モテっぱなしの人生を確かめることができる。


無茶なレース運びでF1マシンはよく壊す、勝てば馬鹿騒ぎ、負ければ酒浸り、嫁と電撃離婚などなど危なっかしいところもあるが、天才ドライビングと、そのキャラクターで誰からも愛された彼の生き様は、我々ビジネスパーソンも多いに参考にしたいところ。
ホウレンソウもしない、会社の同僚や部下、受付など片っ端から女性に手を出しまくり&合コン三昧、会議なんてバックレても結構。ただ、上司や同僚達がひれ伏す数字や結果だけは必ず出すのだ。

そして、"クールな頭脳派"ニキ・ラウダ。コースやメカにも精通し、計算し尽くされた緻密なレース運びを得意とし"走るコンピューター"とも言われた「天才」。私生活もストイックで堅実と、ジェームス・ハントとは正反対の人間だ。
1976年のドイツGPで大クラッシュを起こし、瀕死の重症を負いながらもわずか42日後にサーキットに復活したエピソードはあまりにも有名だ。全身に大火傷を負い、付き添う妻の制止を聞かずライバルであるハントが待つF1サーキットに戻るその姿は、まさに仕事の鬼。社畜の中の社畜だ。
二日酔いで午前休?ワークライフバランス優先で!などそんなヌルい真似をしていては笑われるぞ!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング