『ヌイグルマーZ』は井口昇監督の女子力爆発! 「女性ヒーローモノの集大成を作りたい」

AOLニュース / 2014年1月22日 23時0分

『ヌイグルマーZ』は井口昇監督の女子力爆発! 「女性ヒーローモノの集大成を作りたい」


大槻ケンヂによる長編小説「縫製人間ヌイグルマー」を原作に、『片腕マシンガール』(2007年)『デッド寿司』(2013年)の井口昇監督がメガホンを握った、異色コラボ作品『ヌイグルマーZ』。あの"しょこたん"こと中川翔子と次世代アクション女優・武田梨奈を主演に迎えた、ピンク色のフワフワと本格アクション、そしてゾンビが共存するファンタジック・ヒーローアクション映画だ。

劇中に登場する2体のテディベアの声を阿部サダヲと山寺宏一が担当するという豪華キャストも話題となっている本作について、井口昇監督に語っていただいた。


「以前からお互いに少しだけ面識があって、僕も筋肉少女帯の歌やオーケンさんの文章が好きだったので、いつかコラボしたいなという気持ちがあって」という井口監督は、「進めていくうちに「縫製人間ヌイグルマー」を映画化して欲しい、とオーケンさんのほうから提案を頂いたんです」

そう映画化のきっかけを語ってくれた井口監督。その作品たちは、どうしても"ボンクラ男子向け"というイメージが強かったが、
「こういうヒーロー、ゾンビ、アクション映画って、どうしても女性にとって入り口が狭い感じがしていたんです。ただ、こういう作品でも観てもらえれば面白がってくれるはずっていう気持ちがあったので、まず"女性も観やすいヒーローもの"にしたかった。『片腕マシンガール』(2007年)、『ロボゲイシャ』(2009年)、『古代少女ドグちゃん』(2009年)と、これまでずっとやってきた"女性ヒーローもの"の集大成を作りたいっていうのが、すごくあったんです」と語るように、より女性が楽しめる作品に仕上がっている。

「それと、『キカイダー』に出てくるビジンダーとか『仮面ライダー ストロンガー』のタックルとかが好きだったので、ああいうポップ感/キッチュ感を持った主人公にしたいなって(笑)。あと、実は子どもの頃に『魔女っ子メグちゃん』とか『花の子ルンルン』とかの"魔女っ子もの"もすごく好きで、その要素も入れたかったんですね。ヒロインが一種の魔法のような状況で変身するっていう」

<関連動画はこちら>

しかも本作には、冒頭から我々の大好きなゾンビがたくさん登場する。「世界中にあらゆるゾンビ作品が氾濫してるので、新鮮さは既にないなと思ったんですね。もうゾンビは古典として扱って、そこに新しい要素を加えるしかない。だから、原作に出てくる中央線だったり高円寺っていう重要なキーワードや"阿波踊りゾンビ"は絶対にやるべきだと思ったし、あの日本ならではというか"中央線文化の中で生まれたゾンビ"っていうところは大事にしたいなって」
こんなところからも、『ゾンビアス』(2012年)などで斬新なゾンビを生み出してきた井口監督ならではのこだわりが感じられるだろう。そして、作品の全編を通して醸し出されるフェティッシュな映像の数々も秀逸だ。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング