一流の職人やアーティストに学ぶプレゼンテーションの本当の極意とは?

AOLニュース / 2014年1月24日 18時15分

一流の職人やアーティストに学ぶプレゼンテーションの本当の極意とは?


今日の"モノは言いよう"・・・『コンサートは、音を聴くだけのとこじゃない。何か気持ちをもって歌ってる男に、会いに行くものなんだ。』(矢沢永吉)

こんにちは!!年明けそうそう全国ではインフルエンザが猛威をふるっているようです。かくいうぼく自身も先日、まさかの感染直撃。関節は熱をもって痛むし、頭痛が激しすぎて文字や画面を見る気にも全くならず、横になって震えているだけ。熱は一時は39.7度まであがり、ステマブロガーのコメント欄ばりに大炎上してしまいました。よく、伝説的なハードワーカーがインフルエンザでも仕事していた、みたいな偉いんだか迷惑なんだかわからない都市伝説を耳にしますが、あれは嘘でしょうね。実際かかってみると、仕事をしようみたいな気持ちは秒速で太陽系の彼方までふっとびます。プロにとっては体調管理も仕事のうち。風邪をひくなんて恥ずかしいことですよね。
全国のハードワークドランカーである皆様におかれましては、あまりに仕事に熱中するあまり御自身の体調を後回しにされることも多いかもしれませんが、大人になってからのインフルエンザ、くれぐれも気をつけてください。何より風邪をひくと仕事ができなくなりますから。


さて、インフルエンザで一週間ほど寝込みましたが、今週から仕事を再開。寝込んでいる一週間はほとんど食事ができなかったため、6キロほど体重が落ちましたが、誰にも気づかれませんでした。体重が100キロ近くなると、5~6キロは外見的には誤差の範囲だということのようです。
それよりも気になったのが何人かに『オーラがなくなった』と言われたことです。体調が万全で気力も充実している人には、なんとなくオーラのようなものを感じることってありますよね。「覇気」とか「フォース」と言い換えてもかまいません。マンガやアニメのように実際に光や気体が身体から出ているわけではもちろんありませんが、その人の自信やセンスを細かい挙動から把握し、言語化こそできないものの、その価値を認識することを、なんとなく「オーラが出ている」と呼ぶのだと思います。
インフルエンザで弱ったぼくは少しだけ慎重な気持ちで仕事しており、普段のとりとめのない勢いがなく、相手にオーラがないと感じさせてしまったのかもしれません。そんなわけで、今日ご紹介したいことばは、我らが永遠の"BOSS"矢沢永吉さんの『コンサートは、音を聴くだけのとこじゃない。何か気持ちをもって歌ってる男に、会いに行くものなんだ。』というオーラに関する名言です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング